2007年03月30日

復活! さえの細腕繁盛記 第28回−「一人暮らし開始!」

room.jpg

今月中旬から、一人暮らしを始めました。
引っ越して2週間。結構快適に過ごしています。
一人暮らしは寂しさ半分、気楽さ半分ですね。

私はかなり荷物が少ないので、引越し当日の夜にはダンボールからすべて荷物を出すことができました。唯一、前の家から持ってきた家具の本棚には、アルバムとポストカードホルダーがかなりのスペースを占めています。最近、本は読み終わるとすぐにBook Offに持っていくので、本棚にはほとんど残っていません。この前、探検隊に遊びに行った時、隊長の娘さんが「これ、さえお姉ちゃん」と言って描いてくれた絵も飾っています。

今回の引越しに伴い、自分で買った家具は、テレビ台だけです。無印良品で購入し、自分で組み立てました!(これ、かなり自慢!頑張った自分を褒めてあげたい!こういうの本当に苦手なので・・・)ベッド、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、ア
イロン台、すべて友達からもらいました。本棚にならんでいるもの、そして家具など、私の部屋を見回すと、人からもらったもので溢れています。ありがたや〜、ありがたや〜。

早速、寂しがり屋の私を気にかけて(かな?)、友達が泊まりに来てくれました。朝までおしゃべりするのかと思いきや、疲れていたらしく、ちょっと話したら、す〜す〜寝息を立てて、寝てしまいました。でも「この部屋、リラックスできる〜」と言ってくれたのが嬉しかったです。これから暖かくなったら、近くの公園でバーベキューしたり、お散歩するのもきっと楽しいだろうなぁ。寂しくならないように、色々企画してみようと思います。


細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


posted by 175 at 08:12| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

復活! さえの細腕繁盛記 第28回−「新生活応援団」

ishimabd.jpg

最近の私は、引越しのことで頭がいっぱいです。
そうなんです、私、引越すんです。

約7年間、私はルームメートと一緒に暮らしてきました。
7年間に引越し3回。
2人が3人になり、次第にスペースも広くなり、
毎日がとってもとっても楽しかったです。

でも今回、諸々の事情により、私は一人暮らしをすることを決めました。
そろそろ自立しないといけません。
これが今年起こる変化の一つ目です。

数週間前から始まった物件探しは、すぐに気に入った部屋が見つかりました。
なんと以前3人で住んでいたマンションの隣に空部屋が出たのです。
大好きな公園の近くで暮らします。

最近、会社の友達は「新生活応援団」を結成してくれて、
「この物件どう?」と長〜いリンクを送ってくれたり、
「ここの家具かわいいよ〜」とカタログを持ってきてくれたり、
「寂しかったらいつでもうちに遊びに来て!」と言ってくれたり、
ホント、ありがたいです。

始めは不安ばっかりだったけど、ゆかちゃん、松尾ちゃん、石ちゃんのお陰で、
一人暮らしも悪くないかな〜と思えるようになってきました。

あ、洗濯機もTVも冷蔵庫も買わないと!
自分の好きなものを少しずつ揃えていこうと思います。

細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 12:33| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

復活! さえの細腕繁盛記 第27回−「またまた夢見る日々」

kokoro200701.jpg

最近よく夢を見ます。

以前の日記でも書いたように、私が夢を見るときはたいてい良くない夢です。
最近は自分がひどく混乱している夢を見ます。

2007年が始まって、約1ヶ月が経ちました。

新年早々、今年は私の周りでいくつか大きな変化が起こることが分かりました。
それは自分で起こす変化ではなく、周りの影響によって、
自分も変わらなければいけないものばかり。
その状況に自分がついていけるのか、不安を感じています。

そんな時、自分だけが打ち合わせに遅れる夢や、仕事で失敗する夢、
友達がみんないなくなる夢を見ました。
その夢が何を暗示しているのかは分からないけれど、
目が覚めたときの気分は、やはりあまり良いものではありませんでした。

こういった変化の中、焦らず、落ち着いて、
かつ落ち込まずに対応できるようにという思いを込めて、
今年の書初めは「心」にしました。


最近読んだ言葉、「神がなさることは時にかなって美しい」。
本当かなぁ?と思いつつ、でも本当だったらいいなぁと願う、
今日この頃です。

細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

《おまけ》今年はイノシシ年だから
posted by 175 at 12:05| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

復活! さえの細腕繁盛記 第26回−「今年の出来事ベスト3」

s-climing01.jpg

今年もいよいよあと二日で終わりですね。
毎年恒例の「今年の出来事ベスト3」発表会。
私はまたまたいろんな飲み会で開催しています。

今年の私のベスト3は・・・、
第3位 会社で社長賞をもらった(すごく嬉しかった!)
第2位 年に2回もカンボジアへ(はまっちゃいました、あの国に、そしてあの子供たちに)
第1位 やっぱり父の死(いろんなことが変化しました。でももう大丈夫です。)

他にも色々ありました。
夏に失恋したり(やばい、確か去年も同じようなことが・・・)、
30歳になったり、会社で良い友人に出会えたり・・・。
いろんなことがあったけど、なんとなく生きていくのが楽になっている気がします。

それはやっぱり近くにいてくれる人たちは自分の大好きな人たちばかりで、
素直に自分の気持ちを伝えられる、そして分かってくれる人たちだからだと思います。
そして心地良い人との付き合い方も、自分の時間の使い方も、分かってきた気がします。
この世の中には、いろ〜んな人がいるんだなぁ、自分なんてまだまだだなぁと思いつつも、でも無理しなくて良いし、背伸びしなくて良い、と自分自身を受け入れらるようになってきた気がします。
良いところもあって、良くないところもある自分だけど、さあ、これからどうしよう?
何をしたら楽しいかな?どうなりたいかな?と考えると来年も楽しみになってきます。

今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

復活! さえの細腕繁盛記 第25回−「またまた・・・、また?」−

s-sae200611.jpg

またまた行って来ました。カンボジア。

今回の旅はイベント盛りだくさんでした。
水祭りを見学してマキさんのメゾソプラノを聞いて、どん底井戸のペンキ塗りをして、
ワニを見に行って、子供たちと遊びまくって、
サンちゃんやリーマン宅で美味しいご飯をご馳走になって・・・。
今回もえみねえとサンちゃんのお陰でとっても素晴らしい旅でした。

出発前日の飲み会で友達に聞かれました。
「何で一年に2回も同じ国に行くの?」
私の答えは「会いたい人がいるから」。

カンボジアが次第に旅先ではなく、行き先になってきている気がします。
同じ所に行って、同じ人たちに会う。前回行った時とほとんど同じ日程で。
アンコールワットの観光は、9日間の滞在でたったの3時間でした。

カンボジアという国はホントに不思議な国です。

プノンペン空港に着いて、配られた観光案内の裏に書いてあった一文は、
「SEX with Children is a CRIME」。
えみねえの日記にあった「笑顔と現実」

バサックスラムに行った時、一人の女の子がずーっと私を抱きしめて離れませんでした。
その子がえみねえの日記に載っていた美人姉妹のお姉ちゃんでした。
遊んでいる途中、子供たちが日本語とクメール語で歌ってくれた歌は、
えみねえのお友達、森源太さんが作った歌でした。

「どこにいても そらはつながってる
ぼくも きみも ちゃんとつながってる
おなじこのほしで みんないきている
ぼくにうまれて きみとであえて ほんとに よかった」

こんなに厳しい現実の中で生きている彼女が
「ぼくにうまれて きみとであえて ほんとに よかった」と歌ってくれた瞬間、
必死で隠していたけれど、涙が止まりませんでした。
そしてその涙を彼女が拭いてくれました。

泣いちゃったけど、日本で勝手気ままに生きている単なる旅行者である私は、
彼女を抱きしめてあげることしかできないなあと思いながらも、
子供たちの笑顔、のどかでの〜んびりした時間、でも力強く活気に満ち溢れたパワー、
カンボジアという国で見てきたものが私の心の中に存在しているのを感じています。
心の中のそのスペースをこのままずーっと大切にしていきたいです。
そして、また同じ場所で、同じ人たちに会えるのを楽しみにしています。

またいつか行っちゃうんだろうなあ、あの国に。

細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 12:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

復活! さえの細腕繁盛記 第24回−「勝手気ままな自由人」−

s-sae200010.jpg


30歳、女性、独身、会社員。今の自分は本当に自由だなあと思います。

旦那さんも、子供もなく、さらに実家からも遠く離れて暮らしているので、自分が持っているもの、つまり時間もお金も体力もすべて自分のために使う事ができます。
住む所、着る服、食べる物、よっぽどの贅沢を望まない限り、たいてい欲しいと思うものは手に入る気がします。でもずーっとこういう状態でいたい訳ではありません。
だからこそ、今後どんな人生を歩みたいのかを考えています。

先週は3日間も飲み会が続いて、体が疲れてしまいました。友達と大好きなお店で食事をしたので、もちろんその時はとても楽しかったです。しかし、何日も続くとこんなことばかりしていて良いのだろうか?と考えてしまいます。飲み会続きの翌日、何も予定のない日がありました。そこで私は早めに帰っておうちでご飯を食べ、お風呂にお湯を張って入り、上がってからゆっくり本を読みました。そして体がぽかぽかのまま、眠りにつくことができました。とても幸せな時間の過ごし方でした。でもずーっとこんな日が続いたら、きっと寂しくなるんでしょうね。大切なのはバランスですよね。
C-manに借りた本、すごく面白かったです。この日読んだ本は、とても重たい内容だったけれど、色々考えされられながら、吸い込まれるように夢中になって読んでいました。)

年齢が重なるにつれて、以前より自分のことがよく分かって来ました。何が好きで、何をしている時に幸せを感じるのか。どういうことが起こると、不安になったり、胃が痛くなったりするのか。

みんなとわいわい楽しむ時間と、一人でゆっくり過ごす時間。自分のために使える時間がある今だからこそ、充実した時を過ごしたいですね。

細腕担当:さえ


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 06:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

復活! さえの細腕繁盛記 第23回−「30歳になりました。」−

birthday03.jpgcanyoning01.jpg

友達が開いてくれた、誕生日パーティの最中、面白い質問が出ました。

「29歳の一年間を漢字一文字で表すと何?」

その時、私の頭に浮かんだ文字は「転」でした。
「転ぶ」と「転機」。この二つの言葉が29歳の一年間を
表している気がします。

転ぶと痛いんですよね。

29歳になって3日後にトライした、ヨセミテ国立公園の
ハーフドームトレッキングでは、12時間歩きつづけました。
体力がない私には本当に辛く、帰り道の下りはとにかく
疲れきっていて、転びそうになりながら、膝の痛みをこらえて、
必死に降りました。
新しいことにチャレンジしたからこその痛みでした。達成感は
あったけど、あの痛みはもう体験したいとは思いません(笑)。


そして、父の死。
激しくはなかったけど、ずーっと鈍い痛みが心の中にありました。
5人だった家族が4人になり、自分で新しく家族を作らないと、
今までの家族は減るだけなんだなあと痛感しました。
気持ちの面で、実家に依存せず、しっかり自立して、父が最期に、
私に自分の家族を作ってほしいと願っていたことを真剣に
受け止めないとね。


さらに最近、本当に転んじゃいました。

今月の初めに行った、キャニオニングとラフティング。
上下のウエットスーツを着ていたため、その最中はまったく
怪我することはありませんでした。

canyoning02.jpg

canyoning03.jpg

しかし、夕食のバーベキューの時です。
振り向きざまに石のイスに足を引っ掛け、砂利の上に派手に転びました。
今でもひざとひじには傷が残っています。恥ずかしさと情けなさで
かなり落ち込んでいた私を励ましてくれたのは、一緒に行った仲間達でした。

結局、いつもそうなんですよね。
転んだり、傷ついたり、痛かったり、嬉しかったり、悲しかったり、
笑ったり、泣いたりした時に、いつも側にいてくれる人たちがいる。
だから前に進めます。

29歳の一年間、転機になった出来事には、痛みがありました。
新しい一年はどんな年になるのかな?

birthday01.jpg

birthday02.jpg

細腕担当:さえ

PS. 様々な形で誕生日をお祝いしてくれたみなさん、ありがとうございます!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 12:41| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

復活! さえの細腕繁盛記 第22回−「ちょっとだけ先輩」−

s-yukakatsukosae.jpg

最近、会社で素敵な人たちと友達になりました。
3月に入社してきた、かつことゆかちゃんです。
私よりちょっとだけ人生の先輩である二人が、私に向かって満面の笑みで言う、「Welcome to 30’s!!」の口癖が私は大好きです。

未知なる世界への恐怖感か?世間一般の印象か?過去と現在は結構楽しく過ごしているのに、なぜ?と聞かれるとよく分からないのですが、実は私、つい最近まで年齢を重ねることにあまり良いイメージを持っていませんでした。でも彼女達に出会ってからは、30代は20代よりももっと可能性が広がるかもしれないと、結構楽しみになってきました。

今まで出会った友達は、どちらかというと、時間を掛けて関係を深めていったのに対して、この二人とは出会ってからそんなに経っていないのに、かなりの部分を共有している気がします。一緒にいると学ぶことがたくさんあります。大人としての気配り、仕事への自信、雰囲気を作るユーモア、友達への誠実さ、過去の失敗や痛みを受け入れる強さ、女性としての可愛らしさなどなど、色々教えてもらっています。心のうちを明かすことができて、辛いことがあったら仕事帰りに夜遅くまで話を聞いてくれる友達が会社にいるということは本当にありがたいことです。一緒に戦ってくれて、いつも味方でいてくれる、かつことゆかちゃんに心から感謝です。いやー、いつもホントいい人達に囲まれているなーとつくづく感じる今日この頃です。

細腕担当:さえ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 07:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

復活! さえの細腕繁盛記 第21回−「夏が来る!」 −

s-kidscamp.jpg

2006年の後半が始まって1ヶ月。

先月の日記に「後半は嬉しいことがたくさん起こるといいなー」と書いたら、
だんだん楽しいことが増えてきました。

・公園のジョギング、再開しました。
・地域の子供キャンプのお手伝いをしてみました。
・会社休んで、沼津にお寿司+温泉ドライブに行ってきました。
・花火大会に行きます。
・小旅行(1泊2日)、中旅行(2泊3日)、大旅行(1週間)の計画があります。
・富士山に登るかも?

梅雨はなかなか明けないけど、楽しみな企画が多いと、夏が来る!って感じしますよね。

よ〜し、前半の分を取り戻すぞ!

月末金曜日担当:さえ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 175 at 12:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

復活! さえの細腕繁盛記 第20回−「2006年折り返し」 −

sae20.jpg

大好きな人たちと食事をしていたら、妹からメールが入りました。
「佐世保のおばあちゃんが、夕方に亡くなったそうです」
こういうことって重なるんですね・・・。

今日で2006年の半分が終わります。
今年が始まったときは「遊びすぎ」なほど、ワクワクしたスタートでした。
さらにカンボジアに行ったり、良いこともたくさんあったはずなんだけど、
前半を振り返ると、私の心の色はなんとなく薄いグレーだったような気がします。
ま、そんな時期もありますよね。

後半は誕生日もあるし、嬉しい事がたくさん起こるといいなー。

PS.気にかけて下ったみなさん、ありがとうございます。
みなさんのお陰で、前半を乗り切れました。
後半もよろしくお願いします。また一緒に遊びましょう!

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 12:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

復活! さえの細腕繁盛記 第19回−「営業マンってすごい!」−

hosoude060526.jpg

またまた仕事の話。

先月の日記で、私の業績は悪くないと書いたのですが、よーく考えてみると入社一年目はビギナーズラックだったなあとつくづく思います。総務業務のアウトソーサーなので、お客様に業務改善やコスト削減の提案、また総務サービスの営業という役割もある私は、今、二年目の業績目標や予算を考えながら、「えー、どうやって成績上げるの〜?」と頭を抱えています。なぜ本屋さんに営業マン向けの本があんなに多いのかが分かった気がします。テレビで成績の良い営業マンの特集をやっていると、真剣に見ちゃいます。そして心から尊敬します。最近感動した営業マン(じゃないかもしれないけど)はこの人。ただただお客さんに喜んでもらいたいという気持ちが伝わってくるから、来た人が幸せな気持ちになっちゃうんですよね。モノやサービスを売るって、こういうことだよなあと思いつつ、勉強になりました。

実は私、友達がコーチングの資格を取得予定で、その彼女に営業成績のことや将来のことなど、色々とコーチングをしてもらっているんです。これが結構面白い。無理やりやらされるのではなく、あくまで自分の中にあるアイデアを引き出してくれるから、自信もついてくるし、毎回新しい発見があって、新鮮です。彼女が扱っているテーマは、コミュニケーション能力、タイムマネジメント、キャリアアップ、本当にやりたいことは?などなど。年齢を問わず、色々と悩むんですよね、人間って。悩みながらもこれから色んな事を経験して、様々なものを身につけていくんだけど、できればこういう人間になりたいなーと思う慣用句を最近見つけました。

実るほど頭を垂れる稲穂かな
(稲穂は実れば実るほど穂先を垂れ、頭を下げることから、人は学識や徳行が深まるほど謙虚になるものだということ。地位が上がっても謙虚に生きなさいという戒め。)

魅力的な人間って、謙虚さを持った人ですよね。そうなりたいものです。

PS. 私の友達のコーチング、興味がある方は、私にコンタクトして下さいね。

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 12:35| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

復活! さえの細腕繁盛記 第18回−「夢みる日々」−

s-saeishi.jpg


最近、よく夢を見ます。

私が夢を見るときは、たいていあまり良くない夢です。プレッシャーを感じていたり、
心配事があったりすると、それを象徴するような夢を見ます。

3月末に営業成績の数字が出ました。私の業績は悪くはないのですが、
新しい年度に向けて、予算やら業績目標やらを立てなければなりません。
入社して一年が経ち、仕事にも慣れてきて、そんなに忙しくもなく、
いい人たち(隣の席の石ちゃんとも仲良さそうでしょ?)に囲まれて
楽しくやっています。自分の能力を発揮できていると思うし、
会社からも評価されていると感じています。
普段は適度なプレッシャーなのですが、
3月から4月にかけてはそれがちょっと大きくなっていました。

実家の母のことも夢に出てきました。
父のことで悲しんでいる母を見るのが辛くて、
ゴールデンウィークもあまり帰りたくないというのが正直な気持ちです。
でもこういう時にこそ帰らないとね。

お天気が良くなっては元気になったり、ちょっと嫌なことを言われては
落ち込んだり・・・、毎日、毎日、私の感情は忙しいです。
みんなもきっとそうだんだろうなぁと思いながら、今夜こそは良い夢を!
と寝る前にふと考える、今日この頃です。

月末金曜担当:さえ
posted by 175 at 10:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

復活! さえの細腕繁盛記 第17回−「カンボジアの旅」−

s-sae060331.jpg

ど風呂グの中では、今更ですが、私もカンボジアへ行って来ました。

カンボジアはとても素敵な国でした。

わずか30年前に300万人もの人が殺された歴史を持つ国とは思えないほど、
人々の笑顔は輝いていました。

小さな村に行った時のことです。
私達が到着すると、車に向かって子供達は満面の笑みで駆け寄って来て、
女性達は笹の葉で編んだ指輪をはめてくれ、男性達はちょっと離れた所で、
恥ずかしそうにはにかんでいました。村を挙げての大歓迎振りでした。
お家に入れば、家族みんなでもてなしてくれて、家族の絆をとても大切にしているのが
伝わってきました。

えみ姉が教えてくれました。
「カンボジアの大家族の長男、次男は、必ず自分の弟や妹達を養い、
家族のことだけではなく、カンボジアの将来を考えている。彼らと話していると、
自分の考えがいかに甘くて、お子ちゃまなのか、ホント思い知らされる。」と。

そういえば、今回通訳をしてくれたサンちゃんもチェンリーもキーニンも、
ホテルで働いていたマリンちゃんも、バコン村の生徒達も、
みんなとても勉強熱心で、努力家ばかりでした。
そんな彼らからカンボジアという国を見せてもらった気がします。

じゃあ、日本を考えた時、何が見えてくるのでしょうか?
日本にも素晴らしい文化や歴史があります。
勤勉さ、情緒、礼節、恥の文化、協調性、四季の美しさなどなど。
失われつつあるものや、悪い方向に現れてしまっているものもあります。
ですが、いつの日か自分が何かの形で、大好きなこの日本という国を、
外国人に伝えたいと思い、この春からまた英語の勉強を始めました。

アンコールワットも素晴らしかったけど、その記憶が薄れてしまうほど、
サンちゃんや子供達との触れ合いが、私に温かさと勇気を与えてくれた旅でした。

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 12:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

復活! さえの細腕繁盛記 第16回−「お父さん」−

s-sae.jpg


先月の日記が掲載された日の朝、出張中だった父が東京駅で倒れたと母から連絡があ
りました。すぐに御茶ノ水の病院に駆けつけたのですが、次の日のお昼に亡くなりま
した。心筋梗塞でした。

この一ヶ月は、とても目まぐるしくもあった反面、心に刻み込まれて、一生忘れられ
ないこともたくさんありました。病院に駆けつけた時の不安に怯えた母の顔、寡黙な
兄が父の遺体に向かって「孫の顔を見せてあげられなくてごめんな」とつぶやいたこ
と、いつも冷静沈着な妹が、体を震わせ大声をあげて泣いたこと、そして大切な人を
失うという痛み。

倒れた日の夕方、父は「大事な用がある」と言って、大学時代の友人を呼び出してい
たそうです。葬式後、母がその大事な用事の中身を見つけました。それは私と妹の名
刺と写真が貼られ、経歴が書かれた紙です。父は友人にその紙を渡し「娘に誰か良い
人いないかな?」とお願いするつもりだったそうです。最期の最期までたっぷりの愛
情を注いでくれた父でした。

お父さんの人生、娘から見て結構カッコいいと思います。63歳で亡くなるまで、いつ
もたくさんの仲間達に囲まれていた父。今回の事で私も改めて素晴らしい友人達に支
えられていることを知りました。そんな友人からのカードに書かれた言葉。「出逢い
で人生は広がり、別れで人生は深まる。」無理せず、ゆっくり、人生を深めていこう
と思います。

saepapa.jpg

月末金曜担当:さえ
posted by 175 at 12:56| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

復活! さえの細腕繁盛記 第15回−「2006年、スタート!」−

s-nebukuro.jpg

2006年が始まって一ヶ月。みなさんはどんなスタートを切りましたか?
この1ヶ月の私ははっきり言って「遊びすぎ」です。

セルフプロデュース誕生日合宿に参加してみたり、ホットヨガに通い始めたり、ベリーダンスショーを見に行ったり、合コンをやってみたり、月曜日から午前様だったり・・・。
まっすぐ家に帰る日が少ないんです。

この時点で良いスタートなのか、悪いスタートなのかはよく分かりませんが、「今年の目標」なんぞを考えてみました。

ひとつは去年から続いている、体力作り。そのためのホットヨガ通いです。温かくなったら、また公園を走ろうかな。体重も減らしたい・・・。

もうひとつは旅行です。年に3回の海外旅行!と、かなり高い目標を掲げてみました。1回目はもう既に決まっています。2月末にカンボジアへ、えみねえに会いに行きます。2回目は探検隊で寝袋に寝るような旅をしたいな〜。三回目はどこに行こうかな?国内旅行も行きたいしな〜と、色々考えているとワクワクしますね。

よ〜し、今年も楽しむぞ!既に楽しみすぎているかな?

月末金曜担当:さえ
posted by 175 at 12:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

さえの細腕繁盛記 第14回−「私の2005・ベスト3」−

今年の年末もフロリダメンバーで集まりました。


florida2.jpg

夏から決まっていた、1泊2日のこの企画。幹事の特権を生かして、みんなに宿題を出
しました。「私の2005・ベスト3発表会をします!だからあと半年で、みんな頑張っ
てネタを作ってね」と。

いざ当日。出るわ、出るわ、みんなのどっきりネタ。結婚します!留学します!一生
の仕事に出会った!勉強始めた!などなど。最近は会う頻度がちょっと少なくなって
きたので、久しぶりに会うと、みんなの変化にとても驚かされます。色んな事を深く
話し合えるメンバーとは、たまにしか会わなくても、いつも繋がっているような気が
しています。

遅くまでしゃべった翌朝、メンバーの一人が、最近習い始めたというフルートを披露
してくれました。つっかえ、つっかえ、一生懸命吹く彼の演奏が、メンバー一人一人
の今までの葛藤、そしてこれからの変化を表しているようで、ちょっと恥ずかしかっ
たけど、涙が溢れてきました。

tana01.jpg

私の2005・ベスト3は・・・。
第3位 8月の失恋(詳細は今度会った時にでも・・・)
第2位 9月のヨセミテ旅行(10年来の夢が叶いました)
第1位 一年を通しての仕事(1月の入社以来、色々学ばせてもらいました)

実はこの発表会、私は色んなところで開催しています。会社の友達との発表会は、お
互いのことを良く知る良い機会になりました。腹筋が鍛えられるほど笑ったけどね。


みなさんにとってはどんな一年でしたか?来年も良い年にしたいですね。

月末金曜担当:さえ
posted by 175 at 11:21| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

復活!さえの細腕繁盛記第13回−「風邪っぴき」−

051125.jpg

今週は辛かった・・・。

喉の痛みから始まって、寒気、関節の痛み、熱、頭痛、咳・・・。次から次へとやっ
てきました。健康ってホントありがたいですね。体の調子が悪いと、何もする気がな
くなります。元来の面倒くさがり屋は、ますます動かなくなります。先月決めたジョ
ギング
も、寒さが厳しくなってきたせいもあって、中断しています。元気になったら
友達と一緒にホットヨガやってみたいな。

今もまだ時々咳が出ます。だから喉も痛い。咳って全身運動ですね。かなりの体力を
使います。でも明日も明後日も楽しみな飲み会があるので、休めません。いや、休み
ません!この1週間、「病は気から」だなあとつくづく感じています。楽しいことが
あれば、大丈夫。その時間はすべての痛みがぴたりと止まるんです。不思議ですよ
ねぇ。その後が大変なんだけど・・・。

明日の飲み会に備えて、今日は早めに寝よう。

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 12:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

復活!さえの細腕繁盛記第12回−「ぱくぱく食べて、増量中」−

051028.jpg

研修中だった1月、「借りて来た猫」だった2月、引越ししてた4月、落ち込んでいた5
月、傷ついていた6月・・・。入社以来、仕事ではホント色々ありました

最近はやっと自分のペースで仕事ができるようになってきました。非常に難しいと思
われていた企画書が通ったり、苦手な人が辞めて、良い人が入ってきてくれたり、コ
ストセービングや、業務の効率化など、色々と改善を進めています。

でも調子にのっていると、必ず警告はやってきますね。思いつきもしなかった箇所を
突付かれました。これで完璧だと思ったのに・・・。でも以前のように必要以上に落
ち込まなくなった気がします。自分をできない奴ともあまり思わなくなりました。
ちょっとづつ、今の仕事に対して、自信がついてきたみたいです。

そして先月の旅行以来、新しいことを始めようと、近くの公園をジョギングしていま
す。1周約1kmのコースを3周。歩いたり、走ったり、歩いたり、歩いたり・・・。で
も次第に走る距離の方が長くなりつつあります。成長があるって嬉しいですね。仕事
頑張って、運動もして、もちろん狙いは減量です。でもこんなに食べてたら、それは
難しいみたい。会社でも「ぱくぱくちゃん」と呼ばれてます。

どブログに日記を書き始めて、もうすぐ一年。こうして日記を書いているから、以前
の自分と比べることができて、変化が分かります。改めて「日記を書かない?」と
誘ってくれた、C-manと175くんに感謝です。これからもよろしく。

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 13:03| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

復活!さえの細腕繁盛記第11回−「夢がかなった!」−

050930.jpg

ヨセミテ国立公園に行って来ました!
あまりにも毎日が楽しすぎて、景色が美しすぎて、とろけそうな時間を過ごして来ました。

私にとって今回の旅は、ずーっと心の中で思い描いていた夢を叶える旅でした。
約10年前、トレックアメリカでアメリカ西部の国立公園を巡った私は、いつの日に
か、自分で運転して、この国立公園をまわりたい!という夢を持っていました。

旅の前から、私も含め全員が私の運転に不安を覚えていたため、現地でも運転はほと
んどお願いしていたのですが、あの広大な自然の中、地平線のかなたへまっすぐと続
く一本道を、実際に自分でも運転してみました。まさに夢が叶った瞬間でした。さら
に素敵なことが起こったのです。自分が運転していたわずかな時間に、なんとトレッ
クアメリカ
のバンが後ろからやって来て、私たちを追い越していったのです。「あの
バンとの出会いがなかったら、今の自分はないよなー」と、嬉しさをこらえ切れなく
なった私は、いつのまにかアクセルを踏み込んで、彼らを追い越していました。互い
に追い越したり、追い越されたりを繰り返しながら、「あ、あのバンの中には、10年
前の自分が乗っている」と確信していました。バンの中からこの大自然を眺めなが
ら、これから社会人になるという不安が入り混じる中、「あんなことができたらいい
なー、こんなことがしたいなー」と、自分の可能性や、将来に夢を膨らませていた自
分がそこにはいました。そしてこの10年間の、たくさんの素晴らしい思い出がよみが
えって来ました。地球探検隊で働けたこと、世界中の美しい景色を見にいけたこと、
人生を豊かにしてくれた人々との出会い、新しい世界に飛び込んだ転職などなど・・・。

旅の魅力のひとつは、じっくり考える時間が持てるということだと思います。今回の
旅では、この10年という時間が大きな意味をもって見えてきたというのが、私にとっ
てとても新鮮なことでした。

20代最後の年が始まった3日後にトライしたハーフドームトレッキングでは、12時間
歩き続けました。普段から全く運動せず、本当に怠け者の私が、数ヶ月前からこのた
めに近くの区民プールに通い、体力づくりを続けたということが奇跡的なことです。

saemm.jpg

この一年は何か新しいことにチャレンジしていきたいし、10年後の自分がどんな自分
を追い越していくのかを楽しみにできる、スタートの1年にしてきたいなと思っています。

最後にこの旅に携わってくれたみんな、本当にありがとう。みんなのお陰で、夢を叶
えてもらいました。ラスベガスで話した通り、私はただ「ヨセミテに行きたい!」と
言っただったね(笑)。

月末金曜日担当:さえ

☆おまけ☆
posted by 175 at 12:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

復活!さえの細腕繁盛記第10回−「家族」−

saepapa.jpg

お盆に宮城の実家に帰りました。

数日間体調を崩していた父は、ストレスのせいか、歳のせいか、考え方がとても頑固
になり、人の話を聞かず、自分の言いたいことだけを偉そうにしゃべるという、典型
的な「日本のおやじ」になっていました。そんな父に対して、いつも近くにいる母と
妹はうんざりぎみで、結構冷たくあたっていました。

基本的には仲が良い家族なのですが、子供達が成長するに従って、次第にそれぞれ自
分の生活が中心になり、心の距離も、実際の距離も離れてしまい、一番大切にしたい
人なのに、お互いが傷つけ合っていました。この前の帰省はそのジレンマの繰り返し
でした。

しかし最近自分はつくづくあの父と母の娘だなあと思うことがあります。母からは明
るさと面倒くさがり屋なところ、父からは天真爛漫なところと、根拠のない自信をも
らいました。二人とも友達がたくさんいて、自分の人生を楽しんでいます。

1ヶ月ほど前、大学時代の友人のお父さんが亡くなり、中学時代の友人がまもなく子
供を産もうとしています。そしてもうすぐ私は母が私を産んだ年齢になろうとしてい
ます。一時期、父のような人と結婚して、母のような人生も悪くないと思っていまし
たが、今の私にはそのような人生は見えてはいません。どんな歳のとり方をするのか
分かりませんが、両親からもらったものに感謝しながら、自分が選ぶ選択肢に自信を
持って歩みたいものです。

月末金曜日担当:さえ
posted by 175 at 13:08| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | さえの細腕繁盛記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。