2011年04月06日

「日本の底力!」

「がんばれ日本! 世界は日本と共にある」(世界各地でのエピソード集

<4月5日付 産経ニュース>
日の丸をイメージした赤と白のライトアップで被災者激励

hinomaruny.jpg
米国NY・エンパイアステートビル(443m)

spacehinomaru.jpg
米国シアトル・スペースニードル(184m)

mlshinomaru.jpg
マレーシア・クアラルンプール(KL)タワー(421m)

seoulhinomaru.jpg
韓国・Nソウルタワー(237m)

その他、米国シカゴ・ジョンハンコックセンター、カナダトロント・CNタワー、
中国・マカオタワーなども参加。

<3月25日付 産経ニュース>
親日国モンゴル(人口約270万人)の政府が全ての公務員を対象に給料1日分の募金を
呼びかける異例の対応をとっている。これが一般国民や企業の自発的な募金運動に発展し、
すでに1億2500万円以上が集まった。

在日モンゴル大使館は日本への募金活動について「日本はモンゴルが市場経済に移行した
1990年代、政府開発援助(ODA)で一番支援してくれた。国民みんなが感謝している」
と語っている。

<3月21日付 産経ニュース>
李明博韓国大統領:
定例のラジオ演説で東日本大震災を取り上げ「災難に対処する日本国民の市民意識(の高さ)と
メディアの(冷静な)報道ぶり」は韓国にも教訓となるとの考えを示し、被災者らが秩序を保ち
助け合っていることなどを称賛した。

さらに韓国国民が日本支援のため募金運動に幅広く取り組んでいることを「本当に誇らしい」
と語り、「今回の出来事を通じ、両国がより近い隣国となることを確信する」と表明した。

<3月20日付 産経ニュース>
宮城県気仙沼市の市役所前で20日、日本の国籍を取得したパキスタン出身者らが炊き出しで
チキンカレーとナンを振る舞い、久しぶりの温かい料理に被災者は「身も心も温まる」と一様
に笑顔を見せた。

千葉県に住むパキスタン出身者らのボランティア約10人が手作りで約千人分を用意。
トラックで約10時間かけて運んだ。
「2005年にあったパキスタンの地震でも日本をはじめ世界中から支援があった。
少しでも力になりたい」
「人種や宗教に関係なく、困った人を助けるのは当然。おいしい料理を食べて、体も心も
温まってほしい」。

<3月18日付 米紙ウォールストリート・ジャーナル>
ハワード・ストリンガー(ソニー会長):
「日本には決してあきらめないという意味の『不屈の精神』がある。」

<3月16日付 シンガポール紙ストレーツ・タイムズ>
「自然が引き起こした混乱に、秩序を保つことで挑んでいる。」

<3月15日付 台湾紙中国時報>
対日強硬派の著名評論家 南方朔(本名・王杏慶):
「超大地震と津波に見舞われた日本で商店略奪も起きず、すべてに秩序が保たれている。」
「武士道精神の日本が災難に打ち負かされることはない。」
「日本独特の栄誉を重んじ、恥を知り、礼を重んずる特性」の原点を、新渡戸稲造が指摘した
武士道精神に求めている。

<3月14日付 韓国紙ソウル新聞>
1面に韓国語とともに日本語で「深い哀悼の意を表します」との見出しを掲載、
記事で早期の復興を「心から祈っている」と激励。

<3月13日付 ロシア紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)>
ゴロブニン・タス通信東京支局長:
「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している。」

<3月13日付 英紙インディペンデント・オン・サンデー>
1面トップで日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と
日本語で大見出しを掲げ、東日本大震災の被災地に応援メッセージを送った。

<3月12日付 産経ニュース>
短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」:
ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、
中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。
「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)
の規模だけで得られるものではない。」との説明が付いた。
この「つぶやき」は7万回以上も転載。「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との
反響の声があふれた。

<3月11日付 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)>
阪神大震災時に同紙東京支局長だった著名記者ニコラス・クリストフ氏:
Our hearts are all with the Japanese today.
“But the Japanese people themselves were truly noble in their perseverance and stoicism and orderliness. There’s a common Japanese word, “gaman,” that doesn’t really have an English equivalent, but is something like “toughing it out.”And that’s what the people of Kobe did, with a courage, unity and common purpose that left me awed.”

“The vicissitudes of life.
 Sad, to become finally
 A bamboo shoot.”
 浮き節や 竹の子となる 人の果(松尾芭蕉)

・3月19日追記
“Japan seems to me to offer an example where stress knits a country more tightly together and where there has been a certain tendency for people to look after each other.”

btn_bnr-side_japan_s_o.jpg
国境なき医師団のホームページへ
posted by 175 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本の底力」(動画編)

次項有被災地岩手から「お花見」のお願い


次項有応援メッセージ

国連事務総長 潘基文(パン・ギムン)


環境保護活動家/ノーベル平和賞受賞者 ワンガリ・マータイ(ケニア)


ミュージシャン スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder、米国)

次項有ホリプロ『日本昔ばなし』
「お子様にも、大人の方にも見てほしい。少しでも心を和ませてもらえれば。」


次項有STOP PANIC BUYING
「うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる」(詩人・相田みつを)


次項有うんち・おならで例える原発解説〜「おなかがいたくなった原発くん」


次項有震災募金
CA390267.JPG
3月25日、上野松坂屋で関取たちが募金活動をしていました。
募金して横綱白鵬と握手させてもらいました。でっかいグローブみたいな手でした。

posted by 175 at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

クリッククリック

sae060331.jpg

写真は、イメージ画像です。本文の内容とは、関係ありません。


毎日、会社で家で、クリックしています。

このど風呂グを以前から読んでくれてる人はお気づきかもしれませんが、
最近、「にほんブログ村」というブログのランキングサイトに登録しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

このサイトでは、ジャンルごとに人気順位が表示されるので、同じような趣味を持つ人が、
ど風呂グを見に来てくれたらうれしいなと思ったのです。

登録し始めたら、アクセス数が少しですが、増えました。

たくさんの人が見てくれたら、
例えば、バコン村で次の先生を募集しようってことになったときとか、
見てくれた人が興味持ってくれたり、その友達が興味持ってくれたりと、
どんどん繋がっていくかもしれない。
そんなことを想像するだけでわくわくしてきます。

僕以外の人たちが書いてくれる記事も、どれも面白いので、
もっとたくさんの人に読んでほしいなあという思いもあります。

「ブログ村」の順位が上がれば、露出も増え、たくさんの人が見てくれるチャンスが広がるので、
クリッククリックの毎日です。


さて、最近、ど風呂グのほかに、もう一つブログを立ち上げました。
週末ライフの過ごし方」というブログです。

内容は、ど風呂グと重複したりもしてるのですが、
いろいろと書いてみたいことが増えてきて、もう一つ立ち上げることにしました。
そして、こちらも、同じく「ブログ村」にエントリーしてるので、会社と家でクリッククリック
みなさんも、クリッククリックお願いします。


何人かで協力して毎日更新しているので、ぜひブックマークして、
毎日チェック&クリックしてみてください。

チェックアンドクリック

クリックアンドモルタルみたいですね。


と、ここまで書いて、なんか、順位にこだわる、大変いやらしい記事になってることに、
ふと、気づきました。


なので、最後にいいことも書き足します。

ぼくは、1クリック募金も、毎日やってます。
クリックの力って、すごいのです。
1日1円でも、1年で365円。
100人の人がやれば、3万6500円にもなります。

会社と家でそれぞれやれば、7万3,000円。

9つの会社に対してクリックできるので、みんなが毎日やると65万円にもなります。

これって、すごいですよね。

なにかこれを使って、世の中を動かせないかなと考えたりするくらい、
すごいことです。
何かないかなあ。

1クリック詐欺とか。


だめだ、犯罪か。


まあ、それは置いといて、
とにかく僕は、毎日会社で家で、クリッククリック


みなさんも、ぜひ、クリッククリック

クリック担当:クリックシーマン

posted by 175 at 01:06| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

また井戸ができた

s-ido2_00.jpg

井戸建設プロジェクト担当のc-manです。

3月5日にカンボジアから帰国後すぐに呼びかけた井戸建設PJ.

先週に、どんぞこ井戸1号(オレンジ)ができた!と報告したばかりですが。

早くも、今週、どんぞこ井戸2号(青色)が完成しました。

s-ido2_01.jpg

現在(4月7日現在)、どんぞこ井戸3号(色は未定)の協力金も着々と集まっている状況です。
この秋くらいに集まりきって、僕が自分の手でペンキを塗ってきたいと思ってます。
トップに写ってるような、子供たちの最高の笑顔が見たい。

引き続きご協力お願いさせていただきます。

井戸建設PJ担当:c-man

どん底カンボジア支部長の報告は、こちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 175 at 10:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

井戸ができた!

s-ido8.jpg

以前、このど風呂グでも呼びかけた、井戸建設プロジェクト

コンセプトは、
「七色の虹のような井戸をプレイクラン村に!」

メーリングリストでも、以下のようなメールで
井戸建設協力を呼びかけていました。。。

----

あー、もしもし、お姉ちゃん?
おれやけど。

おれおれ。
うん、そう、おれ、チェンリー。

いまな、通訳のバイトで付いてってな、ブレイクラン村ってとこにきたんやけどな。
雇ってくれたエミネーって日本語ぺらぺらのカンボジア在住のカンボジア人と一緒に、
帰って来られへんようになってしもたんや。
そうやねん、誘拐されてしもてん。


でな、村の人たちが、井戸掘るまでは帰らせへんでーって言ってんねん。
あ、もちろん関西弁で言ってるんとちゃうけどな。

寝たきりのおじいちゃんと二人暮らしのおばあちゃんの家の近くに井戸堀らなあかんねんけど
(なんや、今は15分くらい歩いていかなあかんらしいわ)、お金が150ドルもかかんねんかー。

姉ちゃんの国やったらそんな高くない金額かもしれんけど、こっちやとひとりの平均年収が
300ドルとかって言われとるから、とてもやないけど、こっちの友達には頼まれへんねん。

俺とエミネーのために150ドル必要なんや。
協力してくれへんかな。

協力してくれる人には、日本の友達の銀行口座教えるさかい、すぐに振込んで欲しいねんけど。

ほな、よろしく頼むわ。はよプノンペン帰って、味の素たっぷりの鍋食いたいわあ。

チェンリー

-----------------

そうしたところ、こんなふざけたノリにもかかわらず、
本当にたくさんの人から、協力したいというお声を頂きました。

わずか2日ほどで、1井戸作るのに必要な150ドルが集まり、
今は、あとちょっと(3000円)で2つ目を作れるところまで集まってます。


そして、つい先日、どん底会カンボジア支部長から、井戸ができたとの連絡が入りましたので
写真でのご報告と、ご協力頂いたみなさまにお礼をさせていただきます。
本当にありがとうございました。

今後もどん底会が支援団体になることはありませんが、プレイクラン村の虹色の井戸が
新たな観光スポットになり地球の歩き方に掲載される日を夢見て、頑張りたいと思います。


Thanks to:
さちさん、さえちゃん、みかちゃん、らぐじー、さおりちゃん、あいあい、ゆき2まなも、コバーン、
わかりんどん底会新年会参加のみなさま(代表イナダ)、あやぱん、かめちゃん(リカちゃん)、
ぺこちゃん、まりこ(シバマリ)、みやっち、みわ1、りっつ、はっつぁん、ボリちゃん、リュージ、
るんこまっちゃん、こたつ、はっしぃ、ウメピーナッツ、ボスマリイナダデニッシュ
(以上、敬称略したり略しなかったり)


それでは。

井戸建設PJ担当:c-man

☆引き続き、井戸建設支援金募集しています☆
posted by 175 at 08:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

バコンへの道 番外編 ☆バコン村日本語教師急募☆

s-02_bakong060318.jpg

バコン村。

世の中のほとんどの人にとっては聞いたことすらない村だと思うけど、
どん底会では、知らない人がいない超有名な村。
狭山市よりも、土佐市よりも、滋賀県草津市よりも、ずっとずっと身近に感じる、そんな村。
(なぜそんなに身近なのか、については、こちら

このブログをご覧になる方は、ご存知の方も多いと思うけど、今、みわ4がそのバコン村で
3代目の先生として日本語を教えています。日本語を教えるという初めての体験に、
悪戦苦闘、試行錯誤しながらも、たくさんの笑顔に囲まれて幸せな毎日を送っています。

みわ4は、こんな楽しくてきらきらした日々がずっと続くように、願っていました。
でも、いよいよ帰国しなければならない日が近づいてきました。

実は、みわ4の正体は、ミニラなのです。ゴジラお父さんは、ミニラに早く帰ってきてほしいと
思っています。次回の映画作品の出演の予定も決まっています。
みわ4は、一生懸命考えたけど、これ以上わがままを言って
ゴジラお父さんを苦しませるわけにはいかないと思いました。

ということで(どういうことだ?)、1ヶ月後の4月後半から、
バコン村に先生がいなくなってしまいます。
10月からは、ソーイチロー君が先生をしてくれることが決まっているのですが、
4月後半から9月まで、空白の期間が。。。

その空白の期間、バコン村に日本語を教えに行きませんか。

2代目バコン村日本語教師のエミ姉の呼びかけにピンと来た方、どうでしょうか?
興味を持っていただけそうなあなたの友達にも、ぜひお話してみていただけませんか。

〜みわ4からのメッセージ〜
「このカンボジアには、素敵なことがたくさんある。
このバコン村には、人生の宝物がたくさんある。
毎日、笑って過ごしませんか?」


s-bakong060318.jpg

バコン村の子供たち

s-01_bakong060318.jpg

バコン村日本語学校の生徒たち

少しでも興味を持っていただけた方、ご連絡いただけると嬉しいです。
バコン村で毎日笑って過ごすあなたに会いたい。

バコン村PJ担当:c-man
posted by 175 at 15:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

バコンへの道 番外編 どん底井戸を作る。(&協力依頼)

s-cambodia0312.jpg

2月25日から1週間、どん底会の仲間と、カンボジア旅行に行ってきました。
主な目的は、バコン村授業見学だったのですが。

カンボジアのプノンペンから車で3時間半のところのプレイクラン村というところで、
エミ姉がお手伝いしているNGO団体が学校を作りました。

その縁で、今回の僕たちのカンボジア旅行でも、その村に遊びに行かせてもらい、
大歓迎を受けました。
大歓迎、そう、ほんとにものすごい歓迎で、子供も大人もみんな超高いテンションで僕たち一行を
迎えてくれたのです、いまだかつてここまで親日的な村に出会ったことはありません。
何かのコントみたいだった。
なんなんだこの村・・・

で、その際に、村に井戸が足りないという話を聞き、こちらからお願いして、
実際に井戸が必要とされる場所にも見に行かせてもらいました。

そして、よし、どん底で井戸作ろう、と思ったのでした。

s-cambodia0312_01.jpg

今は、こんな道を15分ほど歩いた先にしか井戸がありません。

(日本人からしてみればたったの150ドルで、)「どんぞこ」と彫った井戸ができます。

お金が余ってしょうがないという方、そんなには余ってないけど、井戸ができて喜んでる人たちの
写真が見たいなあという方、「どんぞこ」と書くペンキの色を選べる特典付きですので、
ご支援お願いできたらなあと、思います。

井戸プロジェクト担当:シーマン
posted by 175 at 12:09| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

カンボジアの村で 日本語を教えてみませんか

10000861491.jpg

【カンボジアで日本語教師をしていたえみ姉からの真剣なお願いに、
ご協力よろしくお願いします。
(どブログ編集部)

今年の2月から4月まで3ヶ月、シェムリアップからバイクで30分走ったところにある、
バコン村で日本語を教えていました

産業発展途上のカンボジアは、日本語の取得がイコール雇用につながるので、若者は必死に日本語を勉強しています。日本語教師が不足しているのが現状です。

私が教えていた村の子たちは、とても貧しく街の学校の月5ドルの授業料が払えない為、
ボランティアで教えていた私の学校へ、毎日通ってきていました。
皆、とても純粋で笑顔のたえない若者たちばかりです。

何かやってみたいけど、勇気が出ない。
人生の息抜きに、数ヶ月やってみようかなぁ。
そんなあなたを、カンボジアの子供たちは待っています。

性別・年齢・経験等、まったく問いません。
子どもたちの笑顔に会いに行ってみませんか?

現地には、きちんと学校まで導いてくれる日本人の方がいるので安心です。
もちろん、私も出来るだけサポートします。

滞在費等の、質問だけでもオッケーです。
お友達にも声をかけてみて下さい。

連絡お待ちしております。

えみ姉

※よくある質問

posted by 175 at 16:55| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(8) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

【結果発表】投票よろしくお願いします!!

toilet1

“どブログ”と同姓同名のブログが多数あるため、
新ブログ名候補の投票を受け付けています。

投票箱は、このページの右側のカレンダーの下に
設置してありますので、投票よろしくお願いします。
(コメントは、任意です。)

なお、これに投票すると、一日一善を果たしたことになります。ぴかぴか(新しい)

どブログ編集部

【結果発表】
posted by 175 at 00:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。