2007年06月01日

海外CM劇場25 少年よ。君はどこに行くの?

10000137238_s.jpg

くだらないものほど意地を張りたくなるものです。
小学生の頃はよくどれだけ風呂に潜っていられるかと意地をはったりしていました。
1分潜りに成功するまでは風呂をでないとか。

やりませんでしたそういうの?

でもそんなくだらないことに意地を張っている姿ほど他人からみて、
面白いものはないわけですね。

というわけで、今回紹介するCMは、今日は人工ドライブに挑戦し、
何ものかに取り憑かれてしまった、ある少年のおはなしです。

CM31 golf "Two Kids driving"

見ているこっちが苦しくなりますね。
このまま少年は遥か彼方へとドライブしてしまうのでしょうか。

海外CM担当:dice-k

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 13:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

海外CM劇場25 何を着るかより、何をどう着こなすか

10000499447_s.jpg

先日紹介したCM が意外と好評だったので、今回も女性&ダンスつながりで攻めたいと
思います。まー今回はちょっとダンスジャンルが違うんですが、こちらもノリノリと言えば
ノリノリですね。

CM58 The Gap "How Do you Wear It?

以前イタリアに行った時、ブランドショップに群がっている日本人女性を多く見かけました。
それはそれでいいと思うのですが、ブランドにその人自身が呑まれてしまってはせっかくの
”その人らしさ”が台無しになってしまうと思います。

大切なのは、このCMのメッセージでもある、それをどう着こなすか。中身は外見にも現れると
いいますが、正しい方向に現れるよう、意識的に外見を築いていくよう心がけたいものですね。

木曜担当:dice-k

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 07:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

海外CM劇場24 見るものを巻き込む

10000280729.jpg

彼らは狩りをしなければならない。生きるために、失敗は許されないのだ。

獲物を目前に声を潜める。緊張の一瞬である。すると予想外のことが
彼らの前に立ちはだってしまう...

CM78 Best Buy "Mobile Phone"

Best Buyは、ボクもよく購入させてもらっている電気店です。
このCMではcingularやnokiaなどの携帯メーカの宣伝も同時に行っているわけですが。

もしこの狩り人が携帯電話をもっているという設定であったなったなら
きっとそれほど面白くなかったと思います。

ユニークなのはその携帯電話が、観客のものであり、それが狩りを邪魔したという設定です。
そうすることで観客自体を巻き込んでしまっている。

見るものを巻き込むことで、双方向性のコミュニケーションを成り立たせる。
こういうインタティブ性は、そこに見るものがいる限り、常に念頭におきたいですね。

木曜担当:dice-k

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

海外CM劇場23 リアルな臨場感

10000199142.jpg

インターネットによってどんな情報も手軽に手に入れられるようになった。
ボクが海外CMを毎晩見ることができるのもネットのおかげだ。

しかし、どんなに情報が手軽に手に入ろうとも、
人は現場に足を運ぶことをやめはしないだろう。
なぜならネットやテレビの画面上からでは絶対に手に入らないものがあるからだ。

それは、臨場感。

この臨場感を感じるために人はわざわざコンサートに行っては
好きなミュージシャンの音楽を聞き、野球場に出かけてはひいきのチームを応援する。

だから第三者の介入があるメディアの手軽さに、生で感じる臨場感が組合わさったなら、
もはや言うことはない。

そして今回紹介するCMではまさにサテライトTVとDSLの組み合わせによって
臨場感が手に入るということを猛烈にアピールしている。

長所があるならばありえないくらい大げさに。そうすることで確実に人の
記憶に残るのかもしれないね。

CM81 SBC "Be There"

木曜担当:dice-k

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

海外CM劇場22 測りえない人間の潜在力

10000288262.jpg

仲のいいダニエルとエミリーは、夜な夜な白い物体が目撃されるという
屋敷に侵入することを決意。そして好奇心旺盛なエミリーは、怖いながらも
こっそり屋敷のドアをあけてみる...そこで彼女が目にしたのものは!?

CM77 Nike "scary house"

画像を見て警戒した人もいるかと思います。タイトルがScary Houseって時点で
ボリュームを下げた人もいるんじゃないでしょうか。

単純にウケますよね。驚いたのが、こっちじゃなくてあっちかよみたいな。
しかも何してんの全身タイツ姿でみたいな。

でもYOU'RE FASTER THAN YOU THINK(お前はお前が思っているよりも早い)
というメッセージでジョイナーばりに笑いに走りそうな内容をきっちり締めています。

もしあなたが希望の会社から内定をもらえずに落ち込んでいたり、あるいは
自分よりできそうな学生を見ては自信を失いそうになっているならば
ぜひこのメッセージを思い出してみてください。

『あなたはあなたが思っている以上に素晴らしい人間である』

木曜担当:dice-k

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 11:52| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

海外CM劇場21 女性ダンサーVS巨大スピーカー

10000499447_s.jpg

いつだったか日本人のライカ(来家恵子)選手が、女子ボクシング世界チャンピオンに輝く
という、日本人女性初の快挙を成し遂げたわけですが、男性ばかりが主だったスポーツに
女性が加わり、性別関係なくスポーツが楽しめるようになるっていうのはいいことです。

ボクシングなどの激しいスポーツを淡々とこなす女性を見ると、うーかっけーって
思ってしまいます。今回紹介するCMでもそんな女性像をダンサー対スピーカーという形で
表現しています。

CM56 nike woman "keep up"

「明日も同じ時間ね。」そんな決めセリフも含めて、もう惚れ惚れしちゃいます。
路上でブレイクダンスをしている黒人をよく見かけるのですが、やっぱり女性で同じことを
している人は少ない。というかあまり見かけません。それはきっとおじいさんは山で芝刈り
に、おばあさんは川で洗濯に的価値観の名残りなのでしょう。

しかし、もう時代は性別によってスポーツを選ばなくなりました。これからは女性もNFLに
参加、また男もためらいなく生け花教室に通う時代になっていったら世の中ますます
面白くなっていくのかもしれませんね。

木曜担当:dice-k

その他格闘技 - 格闘技
posted by 175 at 12:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

海外CM劇場20 それでも”欲しいもの”

10000087893.jpg

日本の大学にいる頃に、二年間ほど空手を習っていたことがあります。
当時、時にどう考えても自分より格上の人たちと組み手をしなければならない時がありました。
殴られ蹴られ、嘔吐し、血尿まで出しながら、ふとなぜこんな痛い思いをしてまでやってるのか、
なんてことは当時はあんまり考えてなかったのですが、
今冷静に考えると、すべてはそこまでしても”欲しいもの”があったからのように思います。

“欲しいもの”それは勝利だったり、自己陶酔だったり、まーいろいろあると思うのですが、
要は、その欲しいものというのが、負う犠牲より勝るとき、それは行動の理由になるという
ことで、今回ご紹介するCM、John West Red Salmonは、熊と戦うという犠牲をしてでも、
“欲しいもの”があった男の話です。

きっとキン肉マンの歌にもある、火事場のくそ力っていうのは、そんな“欲しいもの”の
程度が絶頂の時に、起きる現象でしょう。そんな“欲しいもの”ありますか?

木曜担当:dice-k

その他格闘技 - 格闘技
posted by 175 at 13:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

海外CM劇場S 自分の歴史を振り返る

10000135781.jpg

もう2006年もあれよあれよという間に始まり、ほんと月日が流れるのはほんとに早いですよね。
気づいたらもう2007年なんてこともあるのかもしれません。

忙しいってのはいいことなのか悪いことなのか、賛否両論だとは思いますが、やっぱりボクなんて
課題に追われたりするとがむしゃらになることがあるわけです。それはそれで集中していていいことなのかもしれません。

しかし、目の前にある課題をこなすだけが目的になってしまうと話は別なわけです。
忙しい自分に酔いしれ、いつの間にかなんで今それをしているのかということが分からなくなってしまう。そうなるとなんか存在意義みたいなことを考え始め、どんどんドツボにはまり、終いには課題にすら手につかなくなってくる。

そんな経験がある方におすすめなのが、紹介CM30とかけているわけではないですが、Volkswagenの30周年記念コマーシャルです。

CM30 30 years in making

このCMがどう関係があるのか?

それはクルマにめっぽう詳しくないボクでさえ知っているフォルクスワーゲンでさえ、今に至るまでに30年以上かかっているわけであり、それまでに振り返り立ち返りやってきながら進化している
わけです。

つまり、過去の上に現在があり、現在の上に未来があるとするならば、やっぱり立ちどまって過去を見直すことは成長に役立つのだということです。

時間のある休みだからこそ、今まで自分がやってきたことや、今ある現状などについてもう一度
ゆっくり考えてみるべきですね。と思ったので2005年に自分が達成したことを紙に書いてみました。30分ほどで収まった次第です。(強引に小さなこともいれました。)すると不思議なことに次何をすべきかが見えてきたりしたので、まだやってない人がいたらおすすめです。

木曜担当:dice-k

<留学雑記> 酸素が欲しい
どうも最近、疲れがたまって、集中力がない気がする。と思っていたら、どうやら二酸化炭素が原因らしい。それもそのはず、ボクは小さな窓が一つだけある、地下の部屋に住んでいる。そして今日は家から一歩も外に出ていない。よし、明日はジムにでも行き、汗を流して、その後外で新鮮な空気をすってこよう。みなさん、運動してますか?正月だししてないか。

集まれ!2006年今年の抱負番長! - 日記・ブログ
posted by 175 at 23:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

海外CM劇場Q 自分よりスケールのでかいもの

10000208742.jpg

ゴジラとかウルトラマンの魅力の1つは、人間がちっぽけに見えるほどの巨大なスケールに
あると思います。世界は人間を中心に回っているとボクなんかは、人間以上のスケールの世界の
存在をこのように見せられると面白いと感じてしまうのです。

そんな人間以上のスケールで人間をとらえたCMを今日は紹介したいと思います。
ご存知、adidasのimpossible is nothingですが、バスケットゴールを決めようとする選手と
それを防ごうとする軍隊。果たしてどうなるん?

CM59 adidas "impossible is nothing"2

自己中は悪いことだというイメージがありますが、そもそも人はそれぞれ自分を中心に世界を見て、
自分たちの人生を生きているので、多かれ少なかれ自己中心的となるのは当たり前だと思います。

が、大事なのは自己中だと開き直るのではなく、自分は自分の人生の中心であっても、
他人にとっては、1人の脇役にすぎないということ。問題はどのような脇役でありたいのか。
どうせなら名脇役になりたいですしね。

そういう意味で、今回のCMのように自分のキャパを超えるものに出会うことで、
自分のポジションというものをより謙虚かつ客観的見るようになるのかもしれないですね。

木曜担当:dice-k

哲学・思想全般 - 哲学
posted by 175 at 13:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

海外CM劇場P ある少年が授けたヒント

10000067475.jpg

小学生の頃、少年野球であるチームに所属していました。そして引退試合、僕の暴投ミスで
負けてしまったという苦い思い出があります。あれは痛かったな。。。

たった一球で、たった一撃で、たった一瞬で勝敗を決してしまうほど、集中力を要する勝負の世界。今回のCM(ペプシ)は、そんな世界に生きるサッカー選手と、ある少年のお話です。
この子いい子やなー。

スポーツに限らず、どんな分野においても必ずや集中力を要する緊迫した状況ってあると思います。そんな時こそ、思わぬところから解決の糸口が見つかるよう、頭柔らかく、心穏やかにしていられるように、礼を学ぶのもいいのではなかろうかと。

木曜担当:dice-k

<留学雑記> ラ.カルビ
今日は友人とチャイナタウンにある韓国料理屋にいってきました。
そこにラ.カルビという肉を食べたのですが、やばく絶品でした。中国人のコミュニティの町で、
スペインチックな名前の、韓国料理を食べる、そんなグローバルな一日でした。

後悔してます - 日記・ブログ
posted by 175 at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

海外CM劇場O 子供が手にした免罪符

10000149631.jpg

いつ頃まででしょうか?
親のいうことが絶対だと思っていたのは...

だんだん成長するにつれて、より多くの人に出会い、
物を見聞きするうちに、
世の中には多くの考え方が存在することを知るにつれ、
自分フィルターってのができてきて、
親も一人の人間、絶対はありえないと感じるようになるんですよね。

そういったことを早いうちから子供には、親自身が教えてあげてやるべきだと思います。
それから夜は早めに子供は寝かせることは徹底して行わなければ
ならないわけです。でないとこういうことになるわけです。

CM36 Hansplast Condoms "Parenting"

「だっておかあさんがいいっていったんだもん。」

まさしく、親の権力を武器にしてこの子やりたい放題です。
この子供は善悪の判断ができてないわりに、
親に責任転嫁する術は身につけているようです。

親という免罪符を手にした悪ガキほど、怖いものはないわけです。
だって法律ですら例外を認めてしまう免罪符なわけですから。

木曜担当:dice-k
posted by 175 at 12:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

海外CM劇場N 孤独に打ち勝つ強さ

10000150929.jpg

"only is not lonely"
これはほぼ日刊イトイ新聞のメインに書かれていた言葉です。

孤独というのは寂しいことじゃない。
確かに人は一人では生きていけないし、
友人や家族がいてこそ幸せだと思います。

しかし同時に、孤独であることを恐れてはいけないと。
結局、自分の人生は自分自身が主役であり、
究極には自分自身が運営していくものだと思います。
つまり、誰しもが一人の人間の経営者なわけです。

というわけで、今日は、
そんなことを思った素敵なCMを紹介します。
いじめられっ子でありながら、力強く生きていく、
サッカー少年の話です。感動もの。かな。

CM37 NIKE "NEW BALL"


どんな逆境にもめげず、力強く生きていく。
そんな人には世代関係なく勇気づけられますね。

何か1つでも誰にも負けない何かがある、
そういったことが自信となり、また力強さの秘訣である気がします。

木曜担当:dice-k
posted by 175 at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

海外CM劇場M 燃える図書館、ある老人が閃いた解決策とは?

10000178040.jpg

丘の上の粗野な図書館から煙が立っている。丁度その場に居合せたあなたは小さな井戸を見つけた。しかし、その井戸は乾きすぎて、燃え盛る炎すべてを消すに足るほどの水はでない。さて、あなたならどうやってこの火を消すだろうか?

CM49 PBS "Bridge Brigade"

まさか、このようにして火を消すとは想像もつきませんでしたね。みなさんは閃いたでしょうか?現実にはこのような荒技は不可能かもしれません。しかし、水を汲むのではなく、火を汲むという発想の転換には驚きです。さらにBe more inventive(発明的であれ)というメッセージで締め、ブランドのイメージも構築しているところはさすがです。

もうだめだと誰もが諦めかけた時こそ、発想の転換をし、まだ他に方法があるはずだと考えるようにしておくと、いいことあるかもですね。

木曜担当:dice-k
posted by 175 at 12:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

海外CM劇場L 人類は魚から進化した

cm12.jpg

僕は...泳げません。いわゆる金槌というやつです。理由は小学生の頃に遡ります。市内の学校対抗のプール大会があり、メンバーが一人足りないので、勢い余って「泳げます!」と立候補し、当日、まがりなりにもクロールで10メートルまで漕ぎ着けたものの、その後、・継ぎという技ができず、犬かきに変更、もちろん結果はビリ、笑いの的になってしまい、それ以来、僕の人生において泳ぐことは必要ないことだと勝手に決め込んでいるせいかもしれません。

でも今日、また泳いでみようかという気になりました。なぜなら人間が進化する前、猿ではなくて、魚だったのかもしれないのですから。今回紹介するCMはJohnnie Walkerの“Fish” です。ウィスキーのCMなんですが、もはやそんなことはどうでもいいですな。

泳げない...それは自分が泳いで当たり前の魚だと信じないからだったかもしれない。かの有名なボクサーである、モハメド.アリは言った。u蝶のように舞い、蜂のように刺す。」何かができるようになりたい時、すでにそれをしているモデルを見つけ、自分がそのモデルであると断言するといいのかもしれない。

木曜担当:dice-k


<留学雑記> チャイニーズ
今日の夕食は中国料理。通称チャイニーズ。ここではチャイニーズは定番の夕食。アメリカンフード(ハンバーガー)に飽きた時、手軽かつ安く手に入り、ボリュームもあるのがチャイニーズ。しかし、最近チャイニーズも飽きてきた...
posted by 175 at 15:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

海外CM劇場K 財力なきは餌さえ節約!?

10000144744.jpg

老後の計画は立てていますか?
高齢化社会である日本ではどんどん少子化が進むでしょうし、やっぱり若いうちから政府に頼らずとも生活していけるだけの財力があればいうことないですよね。

今回紹介するCMはスウェーデンの大きな銀行の一つであるSwedbankです。
引退後に備えるために投資するよう促すのですが、うちに投資すると老後に利益があるという点を、アヒルに餌をやる二人の老人を比較しながらユーモラスに表現しています。

CM35 Feeding the ducks(スウェーデン、2001)

引退後、家でのんびり孫とたわむれながら、休日にビリヤードをするなど節約モード全開で生活する人もいれば、老後はパーッと世界を旅して歩きたいなんて人もいると思います。どちらにしても、引退後の第4!?の人生は、自分が選択権を握っていられるよう、今からきっちり蓄えておきたいものです。

木曜担当:dice-k
posted by 175 at 19:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

海外CM劇場J 半径5メートル内にある二つの世界

10000135507.jpg

ボクは5年前にロサンゼルスにいったのがきっかけで、旅好きになり、ここ数年で十数各国ほど(ほんとの旅好きと比べたら全然少ないですが)、訪問したのですが、2年前の春に3週間滞在したタンザニアでは、かなりのカルチャーショックをうけました。

現地の家に2週間ほどホームステイさせてもらったのですが、夕食では幼虫みたいなものが数十匹、お皿にのってきて、それを8人の子供に羨ましそうに見られながら食べたり、道ばたでは足のない人たちがスケボー!?にノリ、お金をせがんできたり、またストリートチルドレンが営業文句は一人前に英語で物を売っていたりと、とにかく日本では考えられないような、裏側の世界を見た気分でした。

でも、そんなカルチャーショックもまた先進国に戻って生活すると薄れていくわけですが、そういう世界がボクたちが知ろうが知るまいが確実に存在する訳です。

今回紹介するのはairforceの最新CMです。

CM32 airforce "food"

この少年のカメラ目線はよしとして、この世界には食べ物をあげる側の人間ともらう側の人間が存在します。しかし、あげる側の人間はあげる側の意識で生活しているわけであり、食べ物一つとっても、もらう側の人間とは価値感がまったく違うわけです。

物が溢れすぎて、一つ一つにそれほど価値を見いだせなくなっているのかもしれません。あげれる立場にいる日本という先進国でさえ、幸せになるための方法や、幸せの法則などが、はびこっているのですが、要は精神が麻痺して、何が幸せなのか分からなくなっている人が多いのではないかと。

そんなときに、もし自分の価値感を覆すような世界で生きている人を間近にしたら、米一粒に対する意識が変わり、シャワーでお湯が自由に使えることに対することにする感謝の念が生まれてきたりする。そんなことを幸せに思える体験をすることが、幸せって何か知識として頭で理解しようとするより、何十倍も人の心を豊かにするのではないのかと思ったりします。

木曜担当:dice-k

<留学雑記> 立ち読み
マンハッタンのイーストビレッジにある、St. Marks Bookstoreという本屋で立ち読みしてきました。アートやデザイン関連の本がたくさんあるので、2時間いたのですが、全然飽きませんでした。
またいってこよ。
posted by 175 at 18:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

海外CM劇場I 不法侵入!?障害物競走。

10000142927.jpg

前回、リーバイスのCMをご紹介しましたが、今回はそれをパロディ化したものです。
意外に気づかなそうで面白いのは、一つ一つの部屋に何気に人が生活しているところですね。

CM 34 lilt_odyssey

パロディ化するというのは、いろいろなところで応用できそうです。
茶化してみる、面白くしてみるなど、視点を変えて見てみるとどうなるか、
そういったことを身近なもので試してみるとよい発想の訓練になりそうですね。

木曜担当:dice-k
posted by 175 at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

海外CM劇場H 自由を掴め!障害物競走

cm09.jpg

中学時代、僕は陸上部に所属していました。短距離の選手だったのですが、劣等生もいいとこで、時に大会などではフライングで失格になったこともありました。
それでも走っている最中は無我夢中で、全身に風を浴び、走り終わった後は心地よい疲労感に浸ったものです。

ただ前を見て走り続ける、それだけのことなんですが、その最中っていうのは生きてる実感っていうのを感じることができましたっていうのは大げさか。今回ご紹介するLevi'sのCMは、自由という名の下に集った二人の人間が繰り広げる障害物競走です。

自由と障害(義務、責任など)は表裏一体。制限は自由の重みを増し、自由は制限の痛みを和らげる。そんな制限と自由のバランスをもった生き方を心がけていきたいものです。

木曜担当:dice-k


<留学雑記> 見知らぬ人に救われる
本日学校へいくためにバスに乗りました。すると、コインがない!ここでは、先払いで2ドル(コインで)かかり、しかも両替不可、札しかない時は誰かに札からコインへ両替をお願いしなければなりません。困っていると、二人ほど黒人の女性がカンパしてくれました。
Thank you for your kindness!
posted by 175 at 11:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

海外CM劇場G 男心をくすぐるサーファーガール

cm08.jpg

「ずっと彼にメールを送ってなかったの。」
「彼が私に気づいてくれるか分からなかった。」

「だから私は彼の記憶を呼び起こそうとしたわ。何度も。何度もね...」

(雑談)

「彼が私の名前を知ってるかなんていまでもわからない。」

「でもね...彼に深く印象づけたことだけは自信があるわ。」

CM19 surfer girl by Coca Cola (U.S)

今回はアメリカ版コカコーラCMの紹介させていただきました。

この女性、自信ありあり積極的でかっこいいですね。というか男の心もてあそんでますよね。
でもボクは嫌いじゃないです、こういうツボを知ってる女性。

ちなみにアメリカの女性は日本人より積極的かってよく聞かれたりするんですが、個人的に我が
強い女性が多い気がしますね。あと体格も大きい方が多いかと。やったら負けそうですもん...

木曜担当:dice-k

※バックナンバーは、コチラ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
posted by 175 at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

海外CM劇場F 世界を肩にかける男

10000112621.jpg

「私にはできないから。」とか、「絶対無理だよ。」とか、そんな弱気な発言をしていたりしませんか?

ボクはついつい自分の怠惰を、何かのせいにするために、そういうネガな発言をしてしまうことがあったりするわけです。いけませんね。

でも期限に追われたり、友達に励まされたりして、重い腰をあげてやってみるとできてしまったりして、「なんでこんなことでつまずいていたんだ。」と後になって振り返るわけです。ベタな表現ですが、やる気の問題だったというわけです。

それでもやっぱり人間弱気にもなってしまったりするわけで、そんなときにボクは自分よりもがんばっている人の存在に励まされたりします。というわけで今回紹介するCMは、誰もが無理と思うようなことをクールな顔でやってのける男の物語です。

CM22 adidas "carry"

impossible is nothing ”不可能なんてない” 素敵な言葉ですね。もし、自分の口から、ついつい何か逃げの言葉が出てしまうときは、自分の何倍もの問題を抱え、もがき、解決しようとしている人たちのことを思いながら、”impossible is nothing”とおまじないのようにつぶやき、目の前の問題解決に集中したいものです。

木曜担当:dice-k


posted by 175 at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。