2009年06月03日

平成21年度 NECオレンジロケッツ伝統の一戦

去年、おととしと、好天に恵まれた伝統の一戦でしたが、
今年は、3年前以来の悪天候

前日の天気予報では、降水確率80%という全くテンションの上がらない数字が出ていて、
ドラゴンボート初の中止か?というか中止になって!というくらいの危機でしたが、
びしょ濡れ覚悟のメンバーが朝8時15分にしっかりと集まりました。

そして奇跡的に雨が止み、波も穏やかな中、無事にレースが開催されたのでした。

今年も、マレーシア7人、日本11人、中国1人、インド1人から成る
多国籍チームのオレンジロケッツ。


一番手前の赤い旗のボートがぼくたちです。

改めて動画を観ると、漕ぐタイミングがなんてバラバラなんだ・・・
と、びっくりしますが、
こんな1レース目のタイムは、2分13秒(意外と早い)。


ちなみに一緒に走っていたチームは、極寒の海に沈没して行きました。




1レース目があまりにもバラバラだったので、
2レース目が始まる前に、芝生の上でみんなで徹底的に漕ぐ練習を行い、
そして迎えた2レース目!


やっぱりバラバラ・・・・


だけどさっきよりは漕ぐタイミングが合っていたのと、
漕ぐテンポをだいぶ早くしたので、
タイムは1レース目から大幅にUPして、1分42秒46!

これってもしかしたらオレンジロケッツのこれまでの最高記録かも。。

orange2009.JPG

そしてレースの後の祝勝会では、○○さんが女の子の手相を見たり、
最近婚活中の○○がマレーシアンメンズとのコンパをとりまとめたりと、
ボートの話なんか一切出ずに、毎年恒例の光景が繰り広げられたのでした。

ドラボ担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 12:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

『春の昼さがり Living Concert』※入場無料

今日は、渡辺有子さんのピアノリサイタルのお知らせです。

2009年5月5日(祝)
栃木県総合文化センターサブホールで開催されます。

賛助出演として、
メゾ・ソプラノ歌手の稲田マキさん、フルート奏者の芳賀正和さんも登場します。

なんと入場は無料!

詳細は、こちら(PDFファイル)をご覧ください。

いい音楽を聴いて、コンサート後にはおいしいギョーザを食べれば、
すてきなGW最終日、間違いなしです。

昨年末のコンサートの様子です。



ど風呂グ編集部

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

P.S.稲田マキさんは、
posted by 175 at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ブルーマンがやってくる

blueman.jpg

昔、ボストンに遊びに行ったとき、
そこで知り合ったマリコにムリヤリ連れて行かれて、
でも意外にすごいおもしろかったのがこれ。

The Blue Man Show(ザ・ブルーマンショウ)

おととし、ラスベガスに行ったときは、ぼくらが行く1週間前まで
ブルーマンが公演してたんだけど、わずかな差で見れずじまいだったんですが、
今年の12月、そのブルーマンが日本にやってきます!

あ〜、楽しみ。
早速チケット予約しよっと。

ブルーマン好き:175

bman.jpg


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 11:15| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

平成19年度 NECオレンジロケッツ伝統の一戦

nor07.JPG

あれからまた1年。

去年はひどい天気でしたが、今年はうって変わって気持ちのいい快晴。
ほんとのどかな一日でした。

でもレースとなれば1号も2号も真剣です。

1号は、緊張した面持ちのタミーが舵を、これまた緊張した面持ちのあんずが太鼓を担当。

1レース目は、1号史上最速の1分59秒98!!
0.02秒だけど2分を切りました。

そして前日に急遽参戦が決まったアイスランド人のアドバイスというか希望を受け入れ、
2レース目は、2拍子で漕ぐことに(これまでは、いつものんびり3拍子)。

そしたらこれが早いの何のって、真ん中くらいまで1位争いを繰り広げ、
すごいとか思って浮かれてたら、最後の数十メートルでみんな疲れ果て、一気に減速。

それでもタイムは、1分42秒50!!

かなり気持ちのいいレースでした。

2号は、いつも安心して任せられるコーチ・タジによる特訓の成果が今年もあり、
スタート地点に行くまでに舵のナヴィンさん(マレーシア人)がクビになり、
ングさん(マレーシア人)と交代するというハプニングもありましたが、
1レース目は、2分28秒52の好タイム。

2レース目は、ボート経験者の元海軍の米兵トッドさん(米国人)が舵を取り、
2分3秒34でした。また来年がんばって!

でも、タイムより勝負より賞金よりも大切なことは、ネタ作り。
米国、アイスランド、モンゴル、マレーシア、台湾、日本の6カ国から成る
ごった煮メンバーで参加できたのが何より楽しかったです。

祝勝会の中華料理とビールが、おいしかったなあ。

また来年のドラゴンボートで!

ドラボ担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

稲田マキコンサート「心のうた」

inamaki070121.jpg

メゾソプラノ歌手、稲田マキさんのコンサートのお知らせです。

思い返せば、マキさんとの出会いは、去年の11月、プノンペンのとある孤児院でした。

オペラなど聴いたことのない子供たちの前で歌い、
最初はぽかーんとしていた子供たちがやがてその声量に驚き、
笑顔へと変わっていく様を目の当たりにして、僕は、国境や世代間さえも
越える歌の力というものをまざまざと見せ付けられた思いでした。

そんなマキさんのコンサートが今月の21日に行われます。

マキさんの声を聞くと、プノンペンの情景が目に浮かびます。
みなさんも、カンボジアの風に吹かれに、コンサートにいらっしゃいませんか?
(問いあわせ等は、コメント欄までよろしくお願いします。)

【コンサート概要】

日程:2007.1.21(日)
場所:白寿ホール
地図:http://www.hakujuhall.jp/top/access/index.html
開場:13:30
開演:14:00
全自由席:3,500円

(問合せ)
  Maki Music Mate Tel. 090-1739-8126
  makii_m_m@yahoo.co.jp

↓カンボジアでのマキさんと、マキさんを慕う子供たち。
s-makisan.jpg

趣味はオペラ観劇:c-man

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by 175 at 12:34| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

明治公園でフリマやりました。

この前の日曜、明治公園で、フリマ出店をした。

朝から天気が良くて、一日中強い陽射しのもと、商品の売り子をしていたせいで、
夜の打ち上げでは、へろへろ泥酔者続出となってしまった。
でも、楽しかったからいいんだー。


さて、フリマ。

出店してるお店は、全部で600店舗あって、人出もすごかったけれど、
僕たちのお店は、比較的、特殊な商品を預かっていた。
周りのお店で売っているものといえば、衣料品が中心。特に女性ものの衣料品は、
売ろうとする人も買おうとする人も多くて、賑わっていた。

そのほかにも、食器などの実用品、宝石、貴金属類が多かったようだ。

一方。

僕たちが扱っていた商品は、海外旅行のお土産・雑貨(非実用品)が中心。
DSCN3289.JPG DSCN3288.JPG

明治公園という場所柄か、客層は、年配の方が多かったせいもあって、
彼らのニーズとマッチしないのか、常に売り子のほうがお客さんよりも
多いという状態で、たくさん売れ残ってしまった。

というよりも、売れたものは、175が持ってきたXボックスとか、
やっさんが持ってきたデジタルカメラやカバン、ゆき2から預かった靴とか、
僕らのお店で出している商品の中では特殊なものだけ。
大半の商品が売れ残ってしまい、重い荷物を抱えて持って帰ることになってしまった。

でも、楽しかったからいいんだー。


お客さんと値段交渉しながら、時には旅の話をしたりしながら、
ものを売るというのは、とても楽しかった。

けれど、僕たちは、あまりにも商売慣れしていなかった。
アジアの売り子のように、10倍の値段をふっかけるような
たくましさのようなものが、もう少しあってよかったのかもと、
去年買ったデジタルカメラ一式(メモリーカード等付き)を
3000円で売ったあとに、思ったりもした。

結局、一日10人くらいの人が働いて、売上総額が5810円。コスト
(出店料その他準備代)が5200円で、利益610円。

(利益の一部は、カンボジアで来月作る井戸代金に充てたいと思います。)

う〜ん。。。

日給一人あたり60円。。。


でも、楽しかったからいいんだー。


また、やりたいなあと、思います。


DSCN3291.JPG

ぜんぜん売れないカンボジアブース。でも、楽しかったからいいんだー。

DSCN3286.JPG

やっさん、手相占い。女の子に大好評でした。

ディープマン:c-man

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 12:04| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

平成18年度 NECオレンジロケッツ伝統の一戦

dragon2006.jpg

あれから1年。

吹きすさぶ風と、荒波に揉まれて、
出場チームのうち4分の1くらいが転覆・沈没するという悪条件の中、
NECオレンジロケッツ伝統の一戦が開催されました。
(悪天候のため、1チーム1レースしかできなくて残念でした。)

レースの結果は、

過去にもドラボに出場してる経験者が多かった、去年の覇者1号は、
貫禄の3分16秒。さすがです。

未経験者だらけで、かつ、ほとんど女性クルーで編成された3号は、
それでも大健闘の2分16秒。なかなかがんばりました。

そして、予定してた舵のおっさんが当日の朝にキャンセルになり、
急遽代役の舵を立てるという手痛いアクシデントに見舞われたた2号は、
残念ながら、2分15秒でした。また来年がんばって!

でも、タイムより勝負より賞金よりも大切なことは、ネタ作り。
7カ国から成るごった煮メンバーで参加できたのが何より楽しかったです。

祝勝会でのビールが、おいしかったなあ。

また来年のドラゴンボートでお会いしましょう!

ドラボ担当:175

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 175 at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

平成17年度 NECオレンジロケッツ伝統の一戦

a_view.jpg

************************************************

平成17年5月末、横浜港で、NECオレンジロケッツ1号と2号の
伝統の一戦が開催されました。

1号の1レース目は、コースアウトでまさかの失格でしたが、
その悔しさをばねとして再び立ち上がった1号乗組員は、
海の男(女)としてたくましく成長していました。

そして訪れた1号の2レース目。
なんと、2号のベストタイム2分16秒を5秒上回る、
2分11秒!!僅差での逆転勝利でした。

やはり、NOR顧問Oさんの以下のアドバイスをより理解していたことが、
1号に逆転勝利をもたらしたのだと確信しています。

1号、2号のみなさま、ほんとうにお疲れさまでした!

また来年の横浜ドラゴンボートレース大会 で!!

ドラゴンボートレース担当:175

************************************************


《NOR顧問Oさんからのアドバイス》

船の舳先(へさき)と艫(とも)は英語でBowとSternですが、
ドラゴンボートでは太鼓は舳先の方におきます。

これは次の2つの理由から合理的です。

@前から風を受けて、音が前から後ろに流れる。後ろに置いたのでは
 舳先近くの漕ぎ手に音が聞こえない場合がある。

A所謂ボート競技用のボート(漕ぎ手が進行方向に対して後ろ向きに
 座るタイプ)と違って、漕ぎ手は全員進行方向を向いており、その
 様子を見ながら太鼓の調子を上げたり、下げたりするためには舳先
 に太鼓をたたく人がいる必要がある。

艫にあるのは舵です。舵手(だしゅ)は遠くの目標と船の舳先のずれを
修正するように舵を切ります。
左右の漕ぎ手の力が違うと、船はどちらかに曲がりますので、
それを修正してまっすぐに進めるためです。

蛇足ながら、競技用ボートでは舵手は艫に座るタイプ(利点は漕ぎ手
のオールをみて、調子の上げ下げができ、かつ舵をとる。欠点は
舳先の方の漕ぎ手に声が聞こえにくい)と舵手が舳先に仰向けに寝そ
べるタイプ(利点は声が舳先から艫に流れるので漕ぎ手全員に聞こえ
やすい。欠点は漕ぎ手のオールがよく見えない)の2つのタイプが
あります。


参考情報:船の右左の呼び方

競技用ボートでは船のオールは互い違いになります(そうでないもの
もありますが、ここでは説明を簡単にするために省きます。)ので
漕ぎ手の右側にオールのブレードがある方をストロークサイド、逆に
漕ぎ手の左側にオールのブレードがくる方をバウサイドと呼びます。

これはストローク(艫に一番近いところの漕ぎ手)のオールが右側に
位置し、バウ(舳先に一番近いところの漕ぎ手)のオールが左側に
位置することからそう呼んでいます。

一方、例えば漕ぎ手4人のボート(これを称してフォアといいます)
のオールが、上のようにストロークが右、3番(ストロークから一つ
舳先寄りの漕ぎ手)が左、2番(ストロークから二つ舳先寄りの漕ぎ手)
が右、バウが左となっているのが一般的ですが、もうバリエーション
としてストロークとバウのオールが両方とも右側に、2番と3番の
オールが両方とも左側にでるようなタイプのものもあります。

この場合はストロークサイドやバウサイドという表現では片側を特定
できないので、その代わりにうちPort side(左舷)、Starboard side
(右舷)という表現を用います。

これはいずれも舳先にむかって左側あるいは右側を指します。

以下JALのウェブサイトの豆知識(飛行機も船と共通)

船は、船首に向かって右側、つまり右舷を「スターボード・サイド
(STARBOARD SIDE)」、左舷を「ポート・サイド(PORT SIDE)」と
呼んでいます。その昔、大勢の人を乗せたり、荷物を運ぶのは船の
役割でした。そして、古い時代の船は、右舷の船尾に取り付けられた
舵板(STEERING BOARD)で、コントロールする仕組みになっていました。
(ちなみに、この言葉が後に、「STARBOARD」に変化しました)

船が港に到着するときを考えて見てください。右舷には舵板があるため、
船を岸につけるのに邪魔になってしまいます。そのため、船は左舷から
接岸して、人の乗り降りや荷物の積み卸しをするのが慣習となりました。
それで、左舷を「ポート・サイド(港側)」と呼ぶのです。
posted by 175 at 12:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

僕の彼女

face.jpg

こんばんは。

書評や映画レビュー、小ネタ担当のc-manです。

今年も早いもので残すところあと11ヶ月となってしまいました。
月日の流れるのは本当に早い。
一日一日を大切に過ごしたいものですね。

さて、今日は一つ、思い切って告白しようと思います。

実は、僕には付き合って3年半になる彼女がいます。


周りの友人なんかに聞くと、それだけ長い間付き合っていると、
時にはけんかしたり、一度や二度別れ話が出たり、倦怠期を迎
えたりといったことがあるようなのですが、僕たちに限って言
えば、今までそんなことは一度もありませんでした。

もちろん、付き合い始めたばかりの頃のように、しょっちゅう会
いに行ったり、1年に何度も旅行したり、といったことはしなく
なりました。
でもそれは、二人の関係が冷えてきたのではなくて、
僕たちが、まるで、ワインの最適な飲み頃を知る最良のソムリエ
のように、それぞれの時期にもっとも相応しい付き合い方という
のを、心得ていたというべきでしょう。


僕の彼女のことを知らない人は、いったいどういう人なんだろうっ
て思うかもしれませんね(思わないかもしれないけど)。

古い日記を読み返していると、付き合い始めて10ヶ月ほど経った
ときに、僕は、彼女のことをこう評しているのを見つけました。

----------------------------------------------------------
彼女は、自由にものごとを考えることができる人で、固定観念を取
り払うことの大事さを僕に教えてくれます。
彼女の友人もみんなそういう人たちで、この前紹介してくれた人
も、魅力いっぱいの方でした。
彼女や彼女の友人達に負けない魅力的な人間になるために、日々
努力したいと思うし、また、そんな彼女との交わりが日々の暮ら
しへのスパイスとなって退屈な日常に潤いをもたらせてくれても
います。
----------------------------------------------------------

今読み返してみると、少し照れたりもするのですが、彼女へのこ
の思いはまったく変わっていません。いつだって僕の心の真ん中
には、彼女がいました。
今の僕があるのは、間違いなく彼女のおかげだと言えます。

あいかわらずとてもお金がかかる彼女で(つい最近も10万円近く
のプレゼントを買ってしまいました。)、このまま付き合ってい
けるか心配になることもありますが、それでも、これから先ずっ
とずっと、彼女を大切に思いながら、彼女とともに生きていきた
いと思います。


彼女の名前は、地球探検隊

ということで、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、今
週土曜日(2月4日)に、彼女の自宅で、ホームパーティがあり
ます。

たくさんの方に来ていただきたいと申しておりますので、ここで
ご紹介させてください。


【イベント名】探検隊ハンマープライス!
【日時】 2月4日(土) 15:00頃からダラダラと夕方まで
【場所】 地球探検隊オフィス

詳細は、こちら



探検隊スタッフ:c-man
posted by 175 at 19:46| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

稲田マキコンサート「心のうた」のお誘い

makiconcert.jpg

さて、今日は、コンサート鑑賞のお誘いです。

みなさま、覚えていらっしゃるでしょうか。
今から5か月前にご案内、お誘いさせていただいたコンサートのことを。

>『曹雪晶&稲田マキ ジョイントコンサート
> 悠久な二胡の調べと、魅惑のメゾ・ソプラノが織り成すハーモニー!
> “魂”に響く夢の共演が今、実現します!!
          
前回は、満員御礼拍手万来のうちに幕を閉じた
メゾ・ソプラノ歌手 稲田マキさんのコンサートが
多くのリクエストにお応えし、10月14日(金)にまたまた行われます。

前回どうしても外せない用事があって来れなかった多くの方々、
オペラが大好きな方、会社帰りの方、一味変ったデートを楽しみたい方、
皆さま、お友だちをお誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください!

稲田マキファン:c-man


【詳細】
日時:2005年10月14日(金)
    18:30 OPEN
    19:15 START

場所:淀橋教会 インマヌエル礼拝堂

チケット:全席自由 3,000円
      特別ペアチケット 2,500円

演目:黒人霊歌
     一羽の雀さえ
     馬車よ、降りて来い
     ヨシュアは戦う、エリコの町で
     君はそこにいたか
     主の祈り 他

   日本歌曲
     小さな空
     朧月夜
     あめふりくまのこ
     落葉松
     うぬぼれ鏡 他

ご予約:以下のフォームに必要事項ご記入のうえ、ご連絡ください。
     (連絡先;c_and_m_2005@hotmail.com )
________________________
@お名前

Aご住所

Bお電話番号

Cご希望購入枚数
________________________
posted by 175 at 12:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

イベントのお知らせ(9月11日)

himawari.jpg
(投票に向う向日葵)

夏休み中できっと今ごろ星を見ている本日担当のライターに代わり今日の記事担当させていただくピンチヒッターのc-manです。

星の話は来週にでもしてもらうことにして、今日は、イベントのお知らせです。

今年の9月11日、衆議院議員選挙を行います。
みなさま、万障お繰り合わせのうえぜひご参加ください。

と、これだけ書くと、ぼくが総理大臣だと誤解する人がいるといけないので、もう少し説明すると、日本国の総理大臣である小泉さん(ニックネーム純ちゃん)が衆議院を解散したいって言って解散してしまったので、選挙をしてまた議員さんを集めないとだめになったようです。


なぜ解散したいかって聞くと、郵政三事業を民営化することについての是非を問いたいと言っていました(ニュースでだけど)。

郵政を民営化するとかしないとか、もう何年もやりやっている気がするけど、ニュースをみていると、いろんな人が出てきて、いろんなことを言っていて、いまだに、何がいいのか、正直よくわかりません。

これまでは、女優さんとかと違って、好きなタイプの政治家なんていないから、なんとなく信用できそうな政治家さんとかその人が所属してる政党に投票してきました。(ちなみに、一度も選挙に行ったことない175と違い、ぼくは国政レベルの選挙は全部行ってます。)

ぼくは、山ちゃんのことは、女性問題を除いては結構信用していて、あと、亀ちゃんのことも、まともなこと言うなあって思ってたけど、郵政民営化については正反対のこと言ってるみたいだし、あまり好きじゃないコバーンは、でも最近ひどいいじめにあってるみたいでかわいそうだし、うーん、いったい誰に投票しよう?どの党に投票しよう??

と、
こんな知識レベルで日本の将来が決まってしまっていいはずがないので、ちゃんと勉強してから選挙に行こうと思ってます。

自分の国に誇りを持てないのは、寂しい。
無関心がいちばんよくない、と思います。

選挙に行きましょう。
日本を変えるのは、ぼくたちダー!

今日の言葉
「きみたちがいて、あ、ぼくがいる。
by チャーリー浜」

charihama.jpg
posted by 175 at 18:49| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(7) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

『カンボジアからの手紙〜市川絵美子のお話』

tegami-01.jpg

********************************************
国や人種や言葉って、結局なんか関係ないみたい。
まして上とか下とかどうでもいい。
みんな一緒だって思った。

すごく毎日がね、濃かったんだ。
私の心がね、いつもいつも温かいものでつまってたんだ。

********************************************

みなさん、こんにちは。えみ姉です。

私は、1月〜4月末までカンボジアで、日本語を教えていました

どん底のみんなから、古文房具を沢山受け取って、
現地の子供たちに渡してきたり、小さな村の寺子屋での日本語教室で、
ステキな子供たちの笑顔に会ってきました。

その体験談を、今度みなさんの前でお話することになりました。ドキドキ。
当日は多くの写真と共に、私の大好きなカンボジアを紹介します。

   8月7日(日) 荻窪にて2時半〜
   ※詳しくは私のHPにて
    
もし、縁あって時間あって、来れちゃうよ♪ という人は、
ぜひぜひご連絡下さい。

お友達に、カンボジアやボランティアや日本語教師に興味のある人がいたら、
話してもらえたらうれしいです。

絶対緊張して、うまく話せるかわからないけど、
でも、心をこめて、頑張って私の言葉で伝えようと思います。

お待ちしてます。

えみ姉

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 175 at 12:23| 東京 ☁| Comment(25) | TrackBack(4) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。