2005年10月06日

韓国にて

what time.JPG

こんにちは。ゆき2です。
秋も深まってまいりました。
日本語学校も秋休みが終わり、もうすぐ授業が始まります。

近々韓国のアツシのところへ行く計画がありますね。
いいですねぇ。
私も韓国人に日本語は教えても、こんなに近いのに
一度も韓国に行ったことがないので、なんか複雑な気分です。
近いうちに行きたいとは思ってるんですけどね・・・。

さて、日本から旅立ち、韓国の空港に着きました。
そしてさっそく空港からアツシに電話をします。


シーマン「あ、アツシ?シーマンだけどぉ。今空港。
     たった今着いたところ。」

〜ところ

この文型は大きく分けて3つに分かれます。

母が女友達と箱根の温泉に出かけた。
家には親父と2人きり・・・。
一夜明けて電話がかかってきた。

母親「あ、マサ?朝ご飯食べた?」

どうやら男2人のことが心配になって電話をかけてきたようだ。

@マサ「あぁ、今食べるところだよ。」

これは分かりにくい文型の一つなんですねぇ。
”食べる”という言葉が出ているにもかかわらず、
実際は目の前にして食べてはいない。
そう、食べてないんです。
でも限りなく今食べようとしているところなんです。

Aマサ「あぁ、今食べているところ。モグモグ・・・」

”ている”からわかるように、
今まさにその行為が行われている最中なんですね。
でも「〜ているところ」という動詞は、
何にでも使える訳じゃないんです。
瞬間を表す動詞には使えないんですねぇ。

例えば、
  結婚。結婚しているところ。
  転ぶ。転んでいるところ。

なんか変ですよね。これは動詞の性質が違うからなんです。

Bマサ「あぁ、今食べたところだよ。」

”食べた”という言葉からも想像がつくように、
その動作が終わったばっかり、ということを表しています。
この言葉には、”たった今”を付けて言うこともありますよね。
その方が、今まさに終わった!感が出ると思います。

さて、空港に着いたシーマンは、まさにB番の状況ですが

たった今 日本に(      )ところです。

という学校の練習問題で、
多くの生徒が”来たところです”と答えたんです。
模範解答は、着いたところ。(到着したところ)なんですけどね。
確かに日本に来ました。
でも空港で”たった今、日本に来たところです”ってちょっと変ですよね。

学習者はもちろん、ネイティブにもわからないこの微妙な違い。
いろいろ考えてみました。

その夜シーマンとアツシは韓国料理屋へ。
そこでアツシの友達とばったり。


アツシの友達「いつこっちに来たんですか?」
シーマン  「昼に日本から来たところなんですよ

違和感はないと思います。
じゃぁなんで”たった今 日本に来たところ”とは言わないのか。

秘密は”たった今”なんですねぇ。
”たった今”と言うからには、たった今完了していないとダメなんです。
それも、スカッと。

日本から韓国に行くということは、いくら近いとは言え
パスポートが必要だし、羽田(成田)空港に行かなくちゃ行けない。
そして飛行機に乗って、税関なんかを通って、なんだかんだで
いろいろ時間がかかりますよねぇ。
空港でアツシに電話するまでは、いろいろ長い経由があるわけです。
それは海外なら当たり前のことで、省くことができないんです。
それらをまとめて、韓国に来た!という行為ですが、
たった今来た、というにはあまりにも長い経由がある、
だから不自然じゃないのかなぁ、と思います。

2日後、アツシとシーマンはBBQをやることに。
そこにアツシが密かに恋心を抱いている女の子も呼んでいます。
火をおこしていると、いつの間にかお目当ての女の子がいます。


アツシ「あれぇ、いつ来たの?」
チェ 「たった今来たところ♪」

おっ、女も脈ありか?

違和感はないと思います。
じゃぁ何で空港ではダメで、BBQならいいのか。

空港には長い経由があることが前提でしたけど、
BBQには前提も何もないんですね。
ただ、来るか、来ないか、このどちらかが
クローズアップされているんです。
だからこの場合は違和感がないのではないのかと。

その場その場に応じて、
微妙に意味合いの違う言葉を使い分けてるんですね。
日本人ってすごいですねぇ。

今回はちょっとディープな話題でしたが
私はかなり面白い!と思ったのですが
皆さんはどうでしょうか・・・。
だんだん独走しているような気がしてなりません。

来週から授業が始まるので、
次回は生徒ネタを中心にお伝えしたいと思います☆

                   ゆき2




posted by 175 at 09:59| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本語教師の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜む、深い…。
言われてみれば、確かに使い分けているような…。でも、無意識にそれを身に付けるって、日本人って…いや、他の言語でもきっとおなじだろうから、人間ってスゴいですね〜。
どうせなら、他のことも無意識に自然に身に付いたらいいな〜と思うこともいっぱいありますが…。
Posted by らぐじ〜 at 2005年10月06日 17:41
他の事も・・・。

こんなに語彙が多く、しかもニュアンスが細かいのは日本語の特徴と言われていますね。
一つの事に対していろいろ言い回しがあって、しかも全てにおいて微妙なニュアンスの違いがあるって、すごいことですよね。

東京のイベントに参加することはほぼ無意識ですよねぇ?
Posted by ゆき2 at 2005年10月06日 19:58
> 東京のイベントに参加することはほぼ無意識ですよねぇ?

>> いえいえ、ちゃんと意識的に行ってますよ。例えば、うまく出張を絡められないか…とか。
Posted by らぐじ〜 at 2005年10月07日 13:48
なるほど・・・
Posted by ゆき2 at 2005年10月08日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。