2005年06月13日

ボリ男通信ф第1号

vacas.jpg

はじめまして。
ボリちゃんの友達の「ボリ男」です。

ウユニ塩湖に行く電車で偶然出会った、
えっちゃんから、めでたく「ボリ男」と命名され、
なぜかボリちゃんから投稿をまかされ(ネタ切れ?)、登場することなりました。

ボリビアレポをお送りしますので、お付き合いよろしくお願いします。

■ボリビアの田舎

Jさんも遊びに来てくれたバカス村は、
ボリビアで3番目に大きな都市コチャバンバから約2時間、
標高3500mにある村は山々に囲まれ、また湖もあるなど自然がたくさん。
先住民女性や子供たちが羊の群れを連れて歩く姿がとても印象的なところです。

もちろん環境だけじゃなく村人たちの生活もごく自然なもので、
家は土と藁を混ぜ固めた日干しレンガで作られた茶色い家ばかり。

そして村で採れるジャガイモをほぼ毎日欠かさず食べてます。
切りかたを変えたり、煮たり焼いたり、スープに入れたり、
でもやっぱりジャガイモ、炭水化物取りすぎの生活が続き体重3kg増・・・。

村で一番多いお店、それは食堂や雑貨屋じゃなくチチャを売ってるお店。
一般的なのはトウモロコシを発酵させて作る黄色っぽい色をしたもの、
地域によってはモモやブドウなどのフルーツものもあったりもします。

チチャ屋は夜はもちろんのこと、昼間でも人々の憩いの場として賑わってす。
単なる酒飲みが多いだけ?
確かにそれもあるのですが、暮らして分かる娯楽の少ない生活のつらさ、
酒でも飲まないと!といったところですね。

050613b.jpg

村にはこれといったものはないですが、
何もないとこに楽しいことを見つける楽しさがあります。

お腹いっぱいになるまでのジャガイモ、それと浴びるほどのチチャで
おもてなししますので、機会があればぜひ!

ちなみに、以前に遊びに来てくれた地球探検隊隊員のJさん、
病院の人や村の子らに折り紙を教えてくれたりと大人気でした!

050613c.jpg

月曜担当:ボリ男
posted by 175 at 12:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特派員レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。