2006年10月11日

☆ジャンク料理天国☆ 第44回からすみスパ

karasumi.jpg

結婚式の引き出物に素敵なうつわをいただいたので、
創作意欲が湧き、ちょっと変わったお料理をつくってみたくなりました。

そこで思い出したのが、同期のOさまからお土産でいただいたまま、
冷蔵庫のチルド室で眠っていた「からすみ」

もともとは、今年の春のこと。
以前、代官山のリストランテ「ASO」でいただいた「菜の花とからすみのパスタ」がこの上もなく
美味しかったので、ジャンク(料理天国の)ネタに自分でもなんとかつくれないものかと思い立ち、
会社帰りに、長崎育ちのOさまと連れ立ってデパートで物色したものの、た・たかい・・・

ウィンドウを覗き込んでは、溜め息をつく私を可愛そうに覚えていてくれたのでしょう。
夏休みに帰省した際、忘れずに買ってきてくれたのには感激。
今や☆ジャンク料理天国☆はいろんなひとに支えられてます(笑)

さて「からすみ」
=鯔(ぼら)の卵巣を塩漬けにして干したもの。
日本三大珍味(からすみ・このわた・うに)のひとつなので、日本の食材と思われがちなのだけど、
イタリアンでもけっこうよく出てきます。
→イタリア・サルダーニャ島でよくつくられてるらしい。

なので、今さすがに菜の花はないし、
どこかのイタリアンで食べた記憶をたどり、見よう見まねでつくってみることにしました。
お刺身感覚の冷製仕立てなので、パスタを少なくすると、前菜っぽくも、
お酒のつまみっぽくもなるし、なかなかではっ!!

<材料>
フェデリーニ(細めのパスタであればOK)
白身のお刺身(今回は「鯛」にしました。)
からすみ:適量(1本使ってしまいました。)
ディル(フレッシュなもの。)
レモン汁:1/4個
エクストラ・ヴァージン・オリーブ油:大さじ2
塩・こしょう

<作り方>
@からすみは斜めの薄切りに、ディルの茎と葉はみじん切りにします。
A鍋にお湯を沸かしてお塩を加え、フェデリーニをやわらかめにゆでたら、
氷水にさらして充分に冷やし、水気をきります。
Bボウルに、お刺身・からすみ・ディルを入れて、塩・こしょうし、
レモン汁、オリーブ油とよく混ぜます。
Cフェデリーニを入れてよくあえ、オリーブ油をまわしかけたら出来上がり☆

隔週水曜日担当:わかりん

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


posted by 175 at 06:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。