2010年10月31日

『墨東綺譚』(☆☆☆☆)

bokutou.jpg

今、住んでいるところの近所が舞台の映画なので借りてみました。

放蕩の文豪・永井荷風の同名小説を、
当時80歳の新藤兼人監督が映画化した作品。

墨東綺譚

隅田川のほとり(現在の東向島近辺)にかつてあった遊郭“玉ノ井”。
ここを舞台に繰り広げられる荷風と遊女お雪とのロマンスと別れを描いた映画です。

元AV女優の墨田ユキ(この作品出演を機に芸名を変えた。)はお雪役にぴったりだったし、
荷風役の津川雅彦もはまってたし、出演者の会話がおしゃれだし、
場末の遊郭ではよくありそうな話しなのになぜか趣があって、
独特の味のあるいい映画でした。

小説も中古で買ってみたので、そのうち読んでみよ。

映画担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。