2006年03月25日

バコンへの道 番外編 ☆バコン村日本語教師急募☆

s-02_bakong060318.jpg

バコン村。

世の中のほとんどの人にとっては聞いたことすらない村だと思うけど、
どん底会では、知らない人がいない超有名な村。
狭山市よりも、土佐市よりも、滋賀県草津市よりも、ずっとずっと身近に感じる、そんな村。
(なぜそんなに身近なのか、については、こちら

このブログをご覧になる方は、ご存知の方も多いと思うけど、今、みわ4がそのバコン村で
3代目の先生として日本語を教えています。日本語を教えるという初めての体験に、
悪戦苦闘、試行錯誤しながらも、たくさんの笑顔に囲まれて幸せな毎日を送っています。

みわ4は、こんな楽しくてきらきらした日々がずっと続くように、願っていました。
でも、いよいよ帰国しなければならない日が近づいてきました。

実は、みわ4の正体は、ミニラなのです。ゴジラお父さんは、ミニラに早く帰ってきてほしいと
思っています。次回の映画作品の出演の予定も決まっています。
みわ4は、一生懸命考えたけど、これ以上わがままを言って
ゴジラお父さんを苦しませるわけにはいかないと思いました。

ということで(どういうことだ?)、1ヶ月後の4月後半から、
バコン村に先生がいなくなってしまいます。
10月からは、ソーイチロー君が先生をしてくれることが決まっているのですが、
4月後半から9月まで、空白の期間が。。。

その空白の期間、バコン村に日本語を教えに行きませんか。

2代目バコン村日本語教師のエミ姉の呼びかけにピンと来た方、どうでしょうか?
興味を持っていただけそうなあなたの友達にも、ぜひお話してみていただけませんか。

〜みわ4からのメッセージ〜
「このカンボジアには、素敵なことがたくさんある。
このバコン村には、人生の宝物がたくさんある。
毎日、笑って過ごしませんか?」


s-bakong060318.jpg

バコン村の子供たち

s-01_bakong060318.jpg

バコン村日本語学校の生徒たち

少しでも興味を持っていただけた方、ご連絡いただけると嬉しいです。
バコン村で毎日笑って過ごすあなたに会いたい。

バコン村PJ担当:c-man
posted by 175 at 15:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、黄色いミニラだ!

なんで、いつも黄色いTシャツなの?
Posted by らぐじ〜 at 2006年03月21日 13:31
4月からの先生が、無事決まりました。
色んな方面に声をかけてくれた方、
ありがとうございました。

引き続き、7〜10月の先生を募集していま〜す。

ありがたいありがたい。
Posted by えみ姉 at 2006年03月27日 03:44
みわさん。覚えていらっしゃいますか?
某G・Vゲストハウスで一緒だったあきこです。(JAY,SCHOOL の日本語の先生をしてました)私は 仕事の関係上日本に戻っておりますが まだがんばっておられるのですね。
うらやましい限りです。私もまたそっちにもどって日本語を教えるつもりです。次はぜひバコン村の教室にもお邪魔してみたいとおもっています。 それではお体には気をつけて
Posted by AKIKO at 2006年03月28日 21:50
初めまして、20才の若奈といいます。
えみこさんのHPを見て、バコン村に興味を持って探していたらここに辿り付きました。
私もつい最近までカンボジアに行っていて、シェムリアップの孤児院に少しだけいました。
今は日本語教師を目指して毎日勉強しています。

ブログ読ませて頂きました。
そこで、どんぞこ会について書かれている個所で「狭山市」という言葉が気になりました。私は今現在埼玉県狭山市に住んでいるんです!
埼玉県のですか?大阪府のでしょうか?
すごく親近感が沸いてしまったので思わず書き込んでしまいました^^;
Posted by 若奈 at 2006年04月01日 21:36
>若奈さん
コメントありがとうございます。私は、先日バコン村で遊んできたところですが、ほんとに良いところでしたよ。ぜひ今年中にまた行こうと思って、計画中です。

ちなみに、狭山市は、若奈さんと同じ埼玉県のほうです。
このブログは旅仲間「どん底会」のみんなで順番に書いてるんですけど、その中の一人オーストラリア人の友人リチャードが狭山市に住んでいて、毎週のように遊んでるので、例えで出してみました。。。

また遊びにきてくださいね。
Posted by c-man at 2006年04月02日 00:26
バコン村、一度行ってみたいですね。
大学を卒業したらカンボジアで働きたいと思っています。色々と不安はありますが…
ボランティア経験ももっと積みたいですね。

そうなんですかっ、すごく親近感が沸きます!
狭山はお茶の町なので、外国人の方々にも気に入りやすい所だと思います^^
Posted by 若奈 at 2006年04月02日 23:06
AKIKOさん

今、このコメント見ました。
無事に帰ってきました。
AKIKOさんのあと、友達が教えていました。
また、シェムリであえそうですね・・・。
楽しみです。
Posted by みわ4 at 2006年04月23日 12:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14980713

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。