2009年07月26日

『未来を写した子どもたち』(☆☆☆☆☆)

miraikodomo.jpg

アカデミー賞(最優秀ドキュメンタリー賞)受賞作品、
未来を写した子どもたち

インドのコルカタにある売春窟。

そこにNYで活躍する女性カメラマンがやってきて、
子どもたちと出会い、そこで暮らし、
子どもたちにカメラを教えます。

いろんな個性の子どもたちが、街で写真を撮ったり、
人生で初めて海に行ったり、動物園に行ったりして、
そこで写真を撮ったりします。

思いがけない才能を発揮する子どももいます。

女性カメラマンは、子どもたちをこの売春窟から脱出させてあげたい、
そのために教育を受けさせたいと思い、入学に必要な書類を揃え、
子どもたちにHIV検査を受けさせ、スパルタ学校の面接を受けさせます。

このスパルタ学校というのが、10年間とにかく勉強一筋。
完全寄宿制で、年に3回定められている休みの期間以外は、
親が死んでも学校を休むことは許されないという厳しさ。

だけど、親元にいれば、周りの環境に染まってしまい、
売春窟を脱出することはできません。

そして、酷過ぎる家庭環境にいた子どもは、家に戻りたくないから、
スパルタ学校に残り続けます。
もしかしたら、将来、大学にも行けるかもしれません。

そして、温かい家庭環境にいた子どもは、勉強が辛すぎて、
優しいお母さんやおばあちゃんのいる家に逃げ帰ります。
将来は、売春婦になるでしょう。

でもこの子どもたちは、自分でどうするか選択することができました。
自分で選択できるってことは、大切なことなんだなあと思いました。
(さらに選択肢がたくさんあれば、もっとよかったけど。)

映画担当:175



人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 175 at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。