2009年02月06日

アムー自叙伝【17】黄色の波に乗り切れず

タイでよく見かける黄色のポロシャツ。

月曜ともなると、過言じゃなく8割以上の人が
黄色のポロシャツ着ています。


212824.JPG

黄色に染まった車両
 (別にグループではなく、みんな単独で乗ってます)

タイでは曜日別にシンボルカラーがあり、
黄色というのはプミポン国王が生まれた月曜日の色。
月曜に黄色の服を着ることで敬意を示す、というわけです。


金髪でごついピアスあけてるパンクなタイ人の友人でさえも、
「王様すごい!!」て、目をキラキラさせて言ってるから、
王様の功績はよく知らんけどとりあえずすごいなぁ。


この黄色ポロシャツですが、胸に王室のエンブレムが
プリントされているもの(王室ブランド)が主流です。
 (売り上げの何割かが恵まれない人たちのために使われるそうな)

1枚300バーツ前後(約900円)というのは、
タイの物価(大卒の初任給が2〜3万円くらい)で考えると結構なお値段。

が、だんだんと庶民のお財布に優しいものも登場。


175933.JPG

店先で売られる黄色ポロシャツたち。


もはやただのTシャツになってたり、
絵柄が主張しすぎてアロハシャツっぽくなってたり、
よく見るとクリーム色だったり。



まぁ大切なのは気持ちです、よね。。


王様の在位60年目となった2006年頃から始まったこの黄色ポロシャツ、
80歳のお誕生日を迎えた2007年には国中で黄色い服を着た人がフィーバーし
(本当にすごかったらしい)、その後も黄色人気は継続。

私自身、黄色ポロ出回り始めの時期にタイに住んでたけど、
目がチカチカする、という理由で着用することはなく。


秋の政情混乱を経た今、黄色ポロの売り上げが気になります。
そろそろ調査に行きたいなぁ。


ちなみに気になる曜日別シンボルカラー。

月曜は黄色、火曜はピンク、水曜は緑、木曜はオレンジ、
金曜は青、土曜は紫、日曜は赤、です。



記:アムー



posted by 175 at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。