2008年10月15日

まことちゃんハウス訴訟 第1報

日本の三大漫画家のひとり、楳図かずおさんの新居にまた問題が発生したようです。

この家は、外観が赤白ボーダー模様であるため、街の景観を損ねるなどとして、
昨年8月、近隣住民2人が建築工事差し止めの仮処分を申請し、
裁判所に却下されるというゴタゴタなんかもあったのですが、
今年3月に無事完成していました。

umezutei.jpg

しかし、近隣住民2人は、
「建物完成以降、見物客が押しかけ、閑静な住宅街が騒がしい観光地の状態になった。」
として、今度は、楳図さんに対して、@建物の外壁の撤去と、
A撤去まで毎月10万円の支払いを求めてきました。

しかし、楳図さんにとって赤白ボーダー模様は高校時代からのトレードマークであり、
赤は元気、白は無垢を表すもの。
近隣住民2人の主張に「悪意を感じる。新参者の私へのイジメだ。」と反論しています。

さらにウケルことに、最近この新居の屋根にある、
「マッチョメマン」を模して作られている塔の窓ガラスから、
電光が1秒おきに点滅し始めたそうで、近隣住民2人は「おぞましい」と主張しています。

machomen.jpg
「マッチョメン」

ちなみに楳図さんの家はどれも奇抜で、
八王子の建物は黄色の外壁に赤と緑の内装。
八ヶ岳にある別荘も赤白ボーダー模様だそうです。


先月、72歳になった楳図さん。
若いなあ・・・・・・

まことちゃんハウス訴訟ウォッチャー:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 175 at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 混浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。