2008年10月04日

『嫌われ松子の一生』(☆☆☆☆)



下妻物語』に続いて観てみました。

嫌われ松子の一生

コメディ色の強かった『下妻物語』と違って、
こちらは、大人の寓話という感じ。

主人公の松子が教師をクビになり、同棲相手に殴られ、ソープ嬢になり、
ヤクザの女になり、殺人を犯して刑務所に8年ぶち込まれ・・・と、
徹底的に不幸に見舞われ、かといって最後に救いがあるわけでもなく、
だけどなぜか明るいすがすがしい映画になっているのは、
松子みたいなこんな人生=無価値な人生ではないんだよ、
という想いがこの映画から伝わってくるからだと思います。
(松子本人は、不幸で孤独で哀れな人生と思ってただろうけど。)

最後のシーン、キリスト教と絡めずに救いのシーンになってたらよかったのになあ。
そこだけ残念です。



映画担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by 175 at 11:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107270593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。