2008年07月20日

『王妃の紋章』(☆☆☆☆☆)

ouhino.jpg

昔、『インディペンデンス・デイ』というSF映画が公開された時、
映画館で観て「すごい迫力だなあ。」と感心した記憶がありますが、
それ以来の大迫力だった極彩色映画。

衣装、セット、規模、どれをとっても桁外れ。

ストーリーは、家族同士で殺しあったり恋愛沙汰になったりで、
中国版のシェイクスピア『ハムレット』のような感じでえげつないのですが、
とにかくこの煌びやかな映像だけでも観る価値があります。

今日現在、今年観た映画No.1です。



映画担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


posted by 175 at 17:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。