2009年06月22日

クリスピークリームドーナツを食べに その6

5月1日。

busan29.JPG
この日は昨日食べれなかったシジミ汁を求めて、
シジミ汁専門店『河東ジェチョッ』へ。

busan30.JPG
日本語も英語も通じませんでしたが、
シジミ汁の写真を見せたところ、シジミ定食が出てきました。
これでひとり5千ウォン(約400円)。

busan32.JPG
シジミ入りビビンパもおいしかったです。
※食べる前の写真です。


busan31.JPG
シジミの産地、河東(ハドン)から仕入れたシジミだけを使用しているシジミスープ。
薄味でおいしいです。


busan33.JPG
朝食を済ませてから向かったのは、温泉施設「虚心庁」。
温泉場駅から歩いて10分くらいのところにあります。

天然温泉を使った施設で、檜風呂や薬草風呂、さくらんぼ風呂、塩風呂など、
十種類くらいのお風呂がある他、アカスリもできます。

ちなみに、韓国の温泉では、風呂場にタオルを持ち込まないので、
男は前を隠しません。

アカスリは痛いし恥ずかしいしあまり好きじゃないのですが(やったけど。)、
この温泉施設で一番楽しかったのは、ドクターフィッシュ初体験!(日本でもできるけど。)

なんと20分2000ウォン(約150円)でした。


これはぼくの足ではありませんが、
こんな感じでドクターフィッシュが足の古い角質を食べてくれます。
食べられている時は、足がしびれた時の感じでした。

ドイツでは、ドクターフィッシュによる治療が
保険適用の医療行為として認められているくらいなので、
それなりに効果はあるみたいで、
20分後、ぼくの足はつるつるになっていました。
またプサンに来たらやります。


こんな感じで2時間か3時間くらいだらだらしてたら、
あっという間に16時くらいになってしまいました。

busan34.JPG
夕飯は、味付きカルビ発祥の店『海雲台ソムナムアムソカルビ』へ。
お店は、封建時代の特権階級、両班の家をイメージして造られています。

busan35.JPG
1人前3万ウォンもするセンカルビ。
とてもおいしかったです。

この焼肉屋さんは、超高級店の部類に入るのではないかと思ってたのですが、
家族連れとか若いカップルなんかもたくさん来ていて、
お店の外まで行列ができていました。


busan39.JPG
焼肉を食べてから、広安里までちょっと足を延ばして、
レストランバー『テラスG』に行きました。
広安里大橋を眺めながら、韓国ビール“ハイト”の生ビールが飲めます。


ちなみにこのレストランバーのすぐ近くにあったカニの店。
1匹3万ウォン(約2400円)でカニが食べれるとあって、
すごい繁盛していました。

次回プサンに来た時は、ここ行かないと。

busan36.JPG

busan37.JPG

busan38.JPG

食べて風呂入って飲んで一日が終わりました。

韓国担当:175

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 175 at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。