2009年05月17日

『闇の子供たち』(☆☆☆☆)



闇の子供たち

児童買春、そして子供の人身売買という、
考えるのもイヤになるようなテーマを扱っている映画であり、
実際、目を背けたくなるシーンもたくさん出てきますが、
とてもマジメに真剣に丁寧に作られた映画でした。
日本ユニセフもこの映画を応援しています。)

江口洋介の抑えた演技も、タイの俳優たちの自然な演技もよかったし、
そして何よりタイの子供たちの迫真の演技がすごかった。

ただ、そんな出演者たちの中でひとり浮いていたのが、
熱血NGO職員役の宮崎あおい。
映画の中でのキャラクターもリアリティが無いし、演技もヒドいので、
彼女が登場するたびに、サーっと醒めてしまいます。

それから最後のシーン。
なんであんなのにしちゃったのかなあ。
なんかあれでこの映画の良さが全てブチ壊しみたいな。

ぼくの後ろの席の人も、あのラストは意味不明だと劇場で怒ってました。

あんなサスペンス風のどんでん返し、いらんがな。

すごい真剣に観てただけに、いろいろ腹も立つ映画でした。

映画担当:175





人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 175 at 12:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。