2009年04月24日

『新宿駅最後の小さなお店ベルク』 井野朋也

berg.jpg

世の中には、いろんな飲食店があります。

おいしい店。まずい店。
サービスのいい店。悪い店。

ぼくは、おいしいけどサービスの悪い店よりも、
まずいけどサービスがいい店が好きです。

おいしいけどサービスの悪い店というのは、例えば、
おいしい料理を目当てに超満員になってるお店の壁に、
「店内写真お断り」と書いた紙がでかでかと貼り付けられているのに、
その横には、お店の人が店内で芸能人と一緒に撮った写真が
飾られているような店。

どんなにおいしくても、こういうお店には、二度と行きません。

そういうお店と対照的なんじゃないかと思うのが、
ビア&カフェBERG」(ベルク)。

このお店の店長が書いた本『新宿駅最後の小さなお店ベルク』 を読んで、
そんな気がしました(まだ行ったことないのですが)。

特にホームレスのエピソードがすごい。

このエピソード自体もすごいけど、
このエピソードを本に載せてしまうのが信じられません。

とにかく近日中に実際にお店に行って、
どんな店なのか確かめてみてこようと思ってます。

10038824993.jpg

書評担当:175

ブログランキング



posted by 175 at 13:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。