2009年04月02日

結婚おめでとう!(C編)

先日、8年来くらいの知人のシーマンが結婚をしました。

tboo.jpg

ぼくの結婚式の翌日に、彼女と籍を入れることにしたとメールをくれたのが去年のこと。
その後、籍はしっかりとトライして、この日、めでたく結婚となりました。

土曜日の朝早く。
桜の花咲く乃木神社にシーマン夫婦が登場。


その姿を、みんながあたたかい失笑微笑と拍手で迎えます。

神聖な神前式の結婚式が終わると、続いて披露宴。
披露宴が始まるまで、新郎のシーマンは、来賓としゃべったり、
近くのローソンまでお茶を買いに行かされたり、
近くのローソンまでコーヒーも買いに行かされたりしていました。





披露宴では、新郎新婦の友人たちが、本格的な余興をやりました。

トップバッターは、カンボジアから来日したリーマン。
あの大物カップルの披露宴と同じく、
こぶくろの「永遠にともに」を熱唱していました。



続いては、オーストラリアから来日したリチャード。
前日ギリギリまで、浜松で女の子と遊んでいたようですが、
そんなことは一切感じさせず、演奏すごいかっこよかった!
さすがプロのミュージシャンでした。
※リチャードが経営しているお店(オーストラリア国内)は、こちら



そして最後は、シーマン夫婦と一緒にカンボジアに遊びに行った友人で、
そしてなぜかわたしの叔母でもある稲田マキさんが登場。
新婦の叔母さんのピアノを伴奏に、アメージンググレースを熱唱しました。



こんな感じの披露宴だったのですが、ぼくは、同じテーブルにいた隊長の、
昔からケンカでは一回も負けたことがない話とか、
過去に前例がなかったのに高校一年生で生徒会長に断トツの得票数で当選した話とか、
愛娘とお風呂に入るのが幸せだという話なんかを聞いていたら、
「新郎新婦のお二人が退場します。」という
司会者らくだが披露宴終了を告げる声が聞こえてきて、
隊長の講演会ではなくて、シーマン夫婦の結婚式に来たことを思い出したのでした。

シーマン&スナフキン、結婚おめでとう。

遠くからお祝い担当:175

ブログランキング



posted by 175 at 12:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 混浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。