2009年03月01日

『チェンジリング』(☆☆☆☆)



昨日は、buku割引の日だったので、久々に映画館に足を運びました。

「空席あり」の表示が目立っていた『ベンジャミン・バトン』と対照的に、
「残席わずか」でギリギリ入れたのが、『チェンジリング』。

ぼくと同じく、ハラハラドキドキもののサスペンス映画だと勘違いしたっぽい
カップルたちで、劇場は満席でした。
※カップル向けの映画では全くありません。

ストーリーは、ありふれているといえばありふれていて、
誘拐された子どもを必死で探す母親(アンジェリーナ・ジョリー)の話(実話)なのですが、
クリント・イーストウッドが監督すると、こんなにも重厚な、
というか真面目で重たい映画になるのかと感心しました。

映画館からの帰り道、あの母親のその後の人生を思って、
泣きそうになりました。

映画担当:175



人気ブログランキング【ブログの殿堂】



posted by 175 at 14:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。