2008年11月18日

徒然なるままに:スイートルームでパーティ

s-s-nacchan.jpg


赤坂のとあるホテルのスイートルーム。
少し前の話になるが、そこで、なっちゃんの誕生日パーティを開催した。
(トップの写真は、何も知らずに駅からホテルまで目隠しされて連れてこられる
なっちゃん)


僕の大好きな友達・なっちゃん。
ということで、気合いを入れて朝早く起きて作ったカレーというのが先週書いた
記事(なっちゃんは、カレーが好き)。


なっちゃんの誕生日を祝おうと、なっちゃんの高校時代の同級生のかわいい
友達5人、そして、なっちゃんファンの30代のおっさん6人で、楽しいひと時
を過ごした。

まずは、各自が作ったり買ったりしてきたご飯を食べながら談笑。

なっちゃんの高校時代の同級生たちは、みんなかわいくて、若くて、なっちゃんの
誕生日パーティだとしか聞かされないままやってきたら、なぜか男は、30歳以上
のおっさんしかいなくて、いったいどういう集まりなんだ、なっちゃんの交友関係
どうなってんだ?と疑問に思うことたくさんあったと思うけど、そこは、さすが
なっちゃんの友達、みんないい子で、ずっと楽しそうにしていてくれた。

ということで、おっさんたちも、みんな満足げな様子で、場は盛り上がっていた。

s-nacchan2.jpg


盛り上がる会場の様子

s-nacchan3.jpg


可愛い子に囲まれて浮かれるデニッシュ。

s-nacchan8.jpg


浮かれすぎるデニッシュ


場の盛り上がりが最高潮に達したところで、突如、はっしぃが、動いた。

「なっちゃん、好きです。付き合ってください!」

s-nacchan10.jpg


スイートルームに緊張が走った。

そして、その次の瞬間。
一斉に、男たちの声がした。

「ちょっと待った!」
「ちょっと待った!!」

もちろん、僕も加わり、告白の輪ができた。

全員が順番に告白していった。

s-nacchan5.jpg


そして。
一瞬の静寂のあと、、、


「ごめんなさい。」



ガーン!

やっぱ、ダメだったかー・・・




s-nacchan6.jpg


なっちゃんに振られてしまって、がっくりと肩を落とす男たち。

このあとしばらくの記憶は途切れ、やがてパーティは終わりを告げた。

最後に、なっちゃん、誕生日おめでとう。

シーマン
おまけ


posted by 175 at 10:16| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 混浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。