2007年03月10日

『インターネット上の誹謗中傷と責任』 情報ネットワーク法学会



ど風呂グを始めて、もうかなり経つ。
当初は、ブログって何?って言って怪しんでる人も多かったけど、今や、ブログが広まり、
誰もが、世界に向けて自己の意見を簡単に表現できる時代になった。

適当に思いついた言葉をグーグルでちょろっと検索してみると、
個人ブログも、多数検索結果の上位に表示される。
本当に世の中にはいろんなことをしてる人がいて、
いろいろな形でいろんな思いが表現されているなあと、感じる。

僕みたいに、どうでもいいことを書いてるだけだと、
読んでる人もどうでもいいと思って読み流してくれて、何の問題もないんだけど、
中には、他人の権利を侵害するような内容が書き込まれているようなブログも多い。

また、有名な匿名掲示板なんかでも、ちらっと覗いてみると、
本当にひどい内容が書き込まれていたりする。


たとえば、Aさんが自己のブログでBさんのことを
「お前みたいなチョメチョメは、死んでしまえー」といった
誹謗中傷するような記事を書いたようなケースを考えてみよう。


こんなとき、被害者のBさんとしては、「それは名誉毀損だ消せ」と、
まずはAさんに要請するものの、Aさんは、それを無視したり、
「俺には表現の自由がある」と言って、とにかくブログからその記事を消さないとする。


そうなると、どうしても記事を消したいBさんとしては、
その記事が書き込まれたブログの運営事業者(以下「Cさん」という)に対し、
記事の削除を求めるしかない。
ところが、Cさんとしては、そういうときに、どう対応するのが良いのか、
判断に迷うことになるのである。

つまり、記事を消した場合は、なんで消すのだ?おれの表現の自由を侵害するとは何事だ、
とAさんからクレームを受ける可能性があるし、
消さなければ、「名誉毀損という違法なことを行うやつを庇うとは何事だ」と、
Bさんからクレームされ、最悪のケースでは、訴訟を提起されることもあり得る。


Cさんとしては、ブログを運営してるだけなのに、
どっちに見方しても、どっちかを敵に回すことになってしまうわけで、
いったいどうすればいいんだ?こんな理不尽なことがあっていいのか?って言いたいわけで、、、


実は、そういうときに、
「○○のような場合に消しても、Cさん(のような立場の人)は責任を負わない」
「××のような場合に消さなかったとしても、Cさん(のような立場の人)は責任を負わない」
といったことを定めた法律が、ある。

俗に、「プロバイダ責任制限法」という。
(正確には、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び
発信者情報の開示に関する法律」と、とても長い。)

ただ、法律を読んでいても、具体的なケースで、
これはどうしたらいいの?って迷うことがほとんどだ。


法律では、基準しか書かれてないから、
実際に、今回のこの問題がどのケースにあたるかなんてことは、
最終的には裁判所で判断してもらうしかないわけで。

でも、そうは言っても、Cさんのようなブログ運営事業者は、
1件1件すべていちいち裁判なんてやってらんわけで、

そんなCさんのような立場の人にオススメなのが、
この本『インターネット上の誹謗中傷と責任』である。

Cさんがどういう対応を取るのがよいか、なかなかよい指針になると思う。

ぜひご一読を。

書評担当:c-man

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

P.S.


posted by 175 at 01:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。